2017年 第13回 JHCA 東京シンポジウム

     

      
  
特定非営利活動法人 日本ホリスティックコンディショニング協会 主催
2017年 第13回 JHCA 東京シンポジウム
  
 テーマ:『今すぐ!現場で使えるテクニック!』
 
全13講座 講師15名により開催いたします。

 日 程:2017年 5月 29日(月曜日)
 
 時 間:受付開始:9:30~  
    
 講習:10:00 ~ 18:00  懇親会:19:00~21:00(同施設内)
 
 会 場:東京湾芝浦サービスセンター (住所:
東京都港区海岸3丁目26-1)
 
 最寄駅:
東京臨海新交通りんかい線(ゆりかもめ)
        芝浦埠頭駅より徒歩5分/ 日の出駅より徒歩5分
     
JR山手線・京浜東北線田町駅より徒歩15分
 
 単 位:FC/HC/HCAD 1講座あたり1.5単位付与(ただし講座No.E-1は1.0単位付与)
 
 持ち物:会員証、受講票、筆記用具、シューズ、ヨガマットやバスタオル等をご持参ください。
     ※ 会場にはストレッチマットがございません。
  
 昼食についてのご注意
 昼食は、会場にレストランがございますが、 座席数に限りがありますため、お食事を
 提供できない可能性があります。
 また、会場近くにコンビニは1店しかないため、 品切れになる可能性がございます。
 なるべく駅近くのコンビニ等でご購入頂き、ご持参して頂けるようご協力お願いします。
  
 講習会中の注意点:各シンポジム講演中の、写真撮影および録音・録画行為は禁止です。
 予めご了承ください。
  
    
   
  
東京シンポジウム 講座内容 ご案内
 
     講座 No. A 10:00~11:30 (3講座よりお選び下さい)
    
【A-1】 岩間 徹 (JHCAゼミナール専任講師) 受講締め切りました。
       JHCA副理事長 / 株式会社プロジェクト・オン 代表取締役
 
 題名:「立位荷重姿勢機能向上の為のコンディショニング&トレーニング」
    ~足根骨・足関節・骨盤帯とダイアゴナルバランス~

立位荷重ポジションのキーポイントは何といっても足関節荷重。
修正ポイントと共に骨盤帯機能連鎖のための手順。
トレーニングは軸ぶれが起きない様ダイアゴナル(対角バランス)を主体としたトレーニング法を取り入れます。一つ一つのテクニックも重要ですがプログラミングの手順で効果も絶大です。

       
 
【A-2】 土黒 秀則 (JHCA 専任講師)
        JHCA-FC・NSCA認定 CSCS・NSCA認定 CPT・NSCA認定検定員
          早稲田大学スポーツ科学部非常勤講師
 
 題目:静的アライメントおよび動的アライメント(トレーニング
    フォーム)チェックにおける評価および改善アプローチ
      〜正しいトレーニング指導できていますか〜

静的アライメントにおける不良姿勢のタイプ別の筋インバランスの特徴を考察および評価を行い、改善アプローチへ繋げて行きます。具体的なトレーニング種目をあげてそのフォームチェックから動的アライメントの考察および評価を行い改善アプローチへと繋げて行きます。ケンダルの姿勢評価、アナトミートレイン(筋・筋膜連結)の要素を考慮して講習を行なっていきます。
   
【A-3】 西沢 実佳 (JHCA専任講師)
 JHCA-FC / Peak Pilates Comprehensive Certification

 題名:「中高齢者向けAWAKENING EXERCISE」
 
加齢と共に浅くなる呼吸、緩んだ腹部、弱くなった脚部をAWAKENING EXERCISEで目覚めさせ、筋肉に力を入れる感覚を取り戻します。
80歳代のグループレッスンでも効果を出せた実践済みの種目をご紹介します。 ピラティス、ヨガ、エアロビクス、ウォーキング等のグループ指導者、指導経験の少ないパーソナルトレーナーの方にもオススメの内容です。
    
   
    
  
     講座 No. B 11:45~13:15 (3講座よりお選び下さい)
  
【B-1】
 大野 員正 JHCA理事 / 大野DOJYO株式会社 代表取締役
  木村 哲智 理学療法士
 
題名:「理学療法士とトレーナーのコンディショニング
     &トレーニングセッション」
  
10年前から危惧していることですが、トレーナーの領域にも理学療法士がとうとう入ってくる時代になりました。
私たちはトレーナーとして適切で運動指導者として優位な点はどこにあるでしょうか?
また、一例を持ってセッションさせていただきます。
       
【B-2】 槙山 友香 (JHCA特別講師)
  槙山式筋二点療法 副会長 ・鍼灸師 ・米国IBA認定ボディートーク施術師
 
 題名:「筋力アップの為の正しい評価と対処方法を知っていると
     貴方の未来はこう変わります」
 
日々、ご活躍中のトレーナーさんに是非、知って頂きたい事があります。 筋肉の起始や停止、神経支配の事など沢山の知識をお持ちだと思います。 知識も勿論大事ですが、皆さんが接客なさるお客様が望む事って何でしょうか? 前回よりも筋力アップするにはどうしたらいいのかな? 身体が思う様に動かない時はどうすればいい? もし、トレーニング中に怪我をした時にトレーナーさんにアドバイスしてもらえたらなぁ~ こんな事を期待された事はありませんか?それが出来たらモチベーションも上がりますね。 いろいろなパターンでお知らせしたいと思います。
   
【B-3】 松田 智美 (JHCA特別講師)
 
せらまいか鍼灸院院長 ・東京薬膳協会 ・朝日カルチャー講師
  鍼灸師 ・柔道整復師 ・准看護師 ・調理師 ・国際中医師 ・国際薬膳管理師
 
 題名:「クライアントがもっと増える!!」
 現場ですぐに使えるプラスαの薬膳テクニック(実際に試してみよう「薬膳ちらし」)

もし、あなたが仕事で伸び悩んでいて、クライアントの数をもっと増やしたいと思っているならば…
今がチャンス! 最高のコンディショニングをするために「薬膳」を勉強してみませんか?
現場ですぐに使え、クライアントが引き込まれる知識をゲット! 他のトレーナーと差別化をはかりましょう。
今回は「あなたの体質に合わせた薬膳」を実際に体験するコーナーを設けました。 参加者に試食の「薬膳ちらし」を用意しています。
    
    
   
  
     講座 No. C 14:00~15:30 (3講座よりお選び下さい)
 
【C-1】 片井 忠 (JHCA専任講師)
 JHCA-HC / 有限会社FSCC代表取締役
   プロ野球選手  プロゴルファー プロ格闘家パーソナルトレーナー

 題名:「ヘヴィデューティ ハイインテンシティトレーニングについて」
 
アーサージョーンズ氏(ノーチラスマシンの考案者)が提唱し、ボディビルダーのマイクメンツァー氏によって確立したヘヴィデューティ・ハイインテンシティトレーニングを実技形式で行います。
私は20年数年前にロサンゼルスのゴールドジムにて直接マイクメンツァー氏の指導を受けてきました。
その時のトレーニング法を余すところなく御紹介したいと思います。   
       
【C-2】 杉山 幹 (JHCA専任講師) 受講締め切りました。
 全米公認アスレティックトレーナー(ATC)•NSCA認定 CSCS•DNS認定DNSET
 
 題名:機能的動作を向上させる関節トレーニングアプローチ
 
“機能的な動作”を考える際、神経–筋–関節を別々にケアするだけでなく、これらを1つのユニットとしてアプローチすることがとても大切になります。
単純なストレッチやレジスタンストレーニングではアプローチしづらい”機能的な関節トレーニング”に着目し、最新の身体動作向上理論を学びます。
   
【C-3】 赤木 香苗 (JHCA専任講師)
   Post Graduate Diploma in Yoga therapy, 200hr RYT teacher
  インド中央政府公認ヨーガ指導者、マタニティヨガ指導資格、ヨガ通訳・翻訳者など
 
 題名:「女性のためのヨーガ」
年齢や環境の変化に対して敏感に繊細に反応していく女性の身体と心。近代ヨーガの祖と言われるKrishnamacharya氏は、様々な変化の波を乗り越えながら、同時に様々な役割をこなす女性こそ、特別な練習が必要であると言いました。パワーヨガをはじめとして男性的なアクティブな太陽の要素の強いヨーガが広まってきた今こそ、月のリズムに沿った女性ならではの練習方法が注目を集め始めています。
今回は、子宮の声に静かに耳を傾けて、女性性を豊かに解放していくためのクラスづくりに、ヨーガの伝統的な叡智を活かしていくコツを探求していきましょう!女性の方だけでなく、月経期や更年期の女性に対応していきたい男性の方にもおすすめです。
    
    
  
  
     講座 No. D 15:45~17:15 (3講座よりお選び下さい)
  
【D-1】 塚田 哲弘 (JHCA専任講師)
 JHCA-HCAD / FLASH JAPAN FITNESS株式会社 代表取締役
 
 題目:『アジリティ(敏捷性)トレーニングに活かす
     ホリスティック的テクニック』

     ~マルチディレクション(全方向)への動き作り~

アジリティをどのようにしたら能力が高くなるのか?方向転換のポイントやバランスがなぜスポーツに必要か?を実際に理解と動きで実践します。
アスリートに限らず、一般・高齢者・ジュニア・集団指導をされている方向けに様々な動きを応用し、日常生活における機能改善にも有効なテクニックをお伝えします。 動作スキルをより効果的に実践・改善できるエッセンスやスパイスをぜひ体感してください。  
       
【D-2】 安田 嵩常 (安田徒手医学講座 専任講師) 受講締め切りました。
 JHCA理事 / 有限会社エルグ・ジャパン 代表取締役
  柔道整復師・ドイツ徒手医学会マニュアルセラピスト・国際マッケンジ-協会認定セラピストなど

 題名:「
股関節の機能的コンディショニング」
     ~腰痛予防・股関節安定化のための大腰筋へのアプローチ法~

大腰筋は腰椎と股関節の安定性に寄与する理想的位な置にあり、分節ごとの付着によって脊柱に沿った長軸方向の圧迫と横隔膜と骨盤底のリンクにより脊柱安定化筋として重要な役割を有する一方で寛骨臼に対し大腿骨頭を長軸方向に引きつける作用がある。
大腰筋の機能低下は腰痛・異常姿勢・鼠径部痛・股関節不安定性など様々な障害の原因となる。本講座では大腰筋の機能解剖・運動学に基づく評価と促通アプローチ法の一例を紹介します。  
   
 
【D-3】 佐久間 美奈(JHCA理事 / JHCA専任講師)
       林 栄次  (JHCA事務局長 / 管理栄養士)
 
題名:「 Palpationから見えてくる”
     Zafis体表カウンセリング法”」

~スタイルコーディネーション(脂肪沈着改善のポイントとは?)~
「筋トレ」・「パーソナルトレーニング」 巷での流行りキーワードとなってきております。
さて・・・? お客様のトレーニングの目的はなんでしょうか?
本講座は、美容志向のプログラムとして、徹底的にスタイルにこだわったプログラムを展開している「Zafis」のスタイルアッププログラムの一部を実技&生理学理論を交えてご紹介いたします。
    
  
  
  
     講座 No. E 17:30~18:30
 
【E-1】 矢野 雅知 (JHCAゼミナール専任講師)
  日本ホリスティックコンディショニング協会 理事長
 
 題名:「現場で使えるテクニック~即効で身体の軸を回復させる」

運動指導の現場では体軸が取れていないと、運動効果が低下して より身体の歪みが増してしまい、その反動で後日、様々な問題を 引き起こす可能性があります。
クライアントを満足させて定着させるためにこれらを解決する方法を お伝えします。

               
  
  
  
     19:00~21:00 JHCA 会員 懇親会
  

★★★ JHCA懇親会 ★★★
会員様同士の情報交換の場にお役立てください。

  会場:「湾岸食堂 波止場」
   
東京シンポジウムと同じ施設内にあります。
 
事前申込:5,000円(税込) 
当日申込:7,000円(税込)
               
    
   
  
東京シンポジウム 受講料金 ご案内
 
            
     受講 料金 ご案内
    
受講料金 区分各1講座全5講座懇 親 会
JHCA会員5,400円21,600円事前お申込み 5,000円
(※)他 団体有資格者6,480円25,920円
一般受講の方
8,640円
34,560円
  ※ 他 団体会員(対象)とは ・日本健康運動指導士会 ・NSCAジャパン ・日本Gボール協会 ・セントラルスポーツPTC加入者
  ※ 表示料金は税込価格表示です。
 
   
     クレジットカード利用 ご希望の方
       
クレジットカード利用 ご希望の方
( VISA ・ mastercard がご利用できます。)
              
    

東京シンポジウム 受講お申込み

  
  受講お申込みご予約は、下記の 『受講お申込み』フォームより、お申込み下さい。
 
   
  お申込み後、JHCA事務局より予約確定のメール返信をいたします。 
 
      
東京シンポジウム 会場へのご案内
  
 東京湾芝浦サービスセンター (東京都港区海岸3丁目26-1)
  ・東京臨海新交通りんかい線(ゆりかもめ)芝浦埠頭駅より徒歩5分/日の出駅より徒歩5分

  ・JR山手線・京浜東北線田町駅より徒歩15分
    
 <JR田町駅より会場までの順路 徒歩15分程度> 
   
     お問合わせ先

 
特定非営利活動法人 日本ホリスティックコンディショニング協会 事務局 

  〒108-0014 東京都港区芝5-3-2 アイセ芝ビルB1階
 
  TEL 03-6435-1985  FAX 03-6435-1601   E-MAIL info@j-holistic.org
 
  URL http://www.j-holistic.org/   スマフォン http://www.j-holistic.org/sp/  
  
 
  
   to the Top