スタイルコーディネーション
講座 (主旨/目的)
身体の内面=脂肪代謝燃焼
身体の外面=スタイルメイク
徹底的にダイエット&シェイプに
こだわった
パーソナルレッスンに必要不可欠な
運動 protocol (原理原則)
学べる講座です。

 ダイエット=食事・栄養制限
 
シェイプアップ=体脂肪燃焼と筋活性化
2つの原理(知識)と原則(運動プログラム)
=プロトコル(スタイルコーディネーション・アプローチ規定)を用いた、JHCAオリジナル運動指導方法を習得します。
 
昨今の健康志向時代、さらに恒常的に多くのクライアントが求める『ダイエット法』・『シェイプアップエクササイズ』!って?どんなプログラムなにでしょうか?
日々テレビをはじめ、雑誌、インターネット・・・ 多くのメディアが毎日・毎週、新しいダイエットや美容方法を紹介することは、日常茶飯事なことです。
 

しかし・・・
理論的またevidenceに基づいたダイエット理論と運動プログラムは存在するのでしょうか?
パーソナルトレーナーが効果的なダイエット&シェイプアップのレッスン方法はあるのでしょうか?
そこでJHCAでは、運動(トレーニング)+食事(栄養)+休養(睡眠)+メンタル(ストレス) 『4つの観点=physiology』から独自構築した運動プログラムをご紹介して参ります。

 
かつては・・・
1967年・アメリカ空軍で「有酸素運動」のプログラムとして『エアロビクス理論』を提唱したケネス・H・クーパー博士(運動生理学者)
日本では、フィットネスクラブ設立の原動力となったエアロビクスダンス!から50年が経過した今日!
  
 
新設したSC講座では、最新情報を含めた運動/栄養生理学(原理)と、『体循環と内分泌ホルモン』(原則)とをプロトコル(規定)化して体組成改善活性化を高める運動指導方法(アプローチ)をご紹介して参ります。
  
開催日程 / 開催会場
       
SC講座案内へ戻る
    
本講座 カリキュラム概要
 
  【第 1 日目】 
原理(講義)11:00-13:30
HC-ダイエット生理学①
(運動・栄養生理学=臨床から考える体内)
栄養生理における食物(栄養素)の消化吸収
運動生理におけるエネルギー代謝蓄積
運動(トレーニング)と食事(栄養)の相関関係について理解する。
・体脂肪燃焼=代謝促進を目的に基本的な人間の生理メカニズム(消化・吸収・代謝・蓄積・消費) 
・運動(トレーニング)と食事(栄養)摂取のタイミング+内分泌ホルモンの特長を理解し、効率のよい体脂肪燃焼帯(zone)を測り、具体的なカウンセリング能力を高めた運動指導アプローチができます。
  
原則(実技)14:30-17:00
 体温アップエクササイズで代謝アップ
(ウォームアップ方法を習得する)
 ボディシェイプ実技とプログラミング法を習得します。
a)脊柱・コアトレーニング
b)各部位アクティブエクササイズ
c)スパイラルキネティックエクササイズ
 
 【第 2 日目】
原理(講義)11:00-13:30
 HC-ダイエット生理学②
(体脂肪燃焼と内分泌ホルモンの効果影響)
 運動(トレーニング)と食事(栄養)から生じる内分泌ホルモンの効果と影響について理解する。
・「体脂肪燃焼代謝促進」の鍵(キー)である内分泌ホルモンの生理メカニズム
・トレーニング(運動)から視えてくる内分泌ホルモンと体脂肪燃焼の相関関係
・食事(栄養)から視えてくる内分泌ホルモンと体脂肪燃焼の相関関係
・休養(睡眠)から視えてくる内分泌ホルモンと体脂肪燃焼の相関関係
・メンタル(ストレス)から視えてくる内分泌ホルモンと体脂肪燃焼の相関関係
運動および栄養生理学上での、体脂肪燃焼のメカニズムを総合理解し、トレーニングの時間帯、質、量を具体的にお客様にご提案できます。
 
原則(実技)14:30-17:00
 HCサーキット(循環)トレーニング
(サーキットトレーニング基礎を習得する)
 代謝向上系トレーニング・インストラクション法を習得する。
・HCサーキットトレーニング理論およびプログラミング方法を理解する。
・循環系トレーニングがエネルギー代謝に関わる理論を理解しプログラ三ングのための方法論を習得する。
・ボディーウェイト(自体重)、サーキットトレーニング&ウェイトを使用したサーキットトレーニングの実践。
a)基本理論
b)プログラミング法
c)実践とインストラクション
 
 【第 3 日目】
原理(講義)11:00-13:30
 HC-ダイエット行動学①
(体脂肪燃焼とサーカディアンリズムの相関関係を理解する)
 日常生活(サーカディアンリズム)と体脂肪燃焼の相関関係について理解する。
・生活習慣と生活行動(食生活、活動代謝とエネルギー代謝バランス)
・運動(トレーニング)とダイエット(食事制限)におけるメンタルストレス
・メンタル(自律神経)とストレスホルモンの相乗効果
・体温と自律神経(交感神経・副交感神経)とエネルギー代謝
・エネルギー消費・代謝コントロール値算出法
サーカディアンリズムから視えてくる、生活習慣の改善・修正方法(カウンセリング手順)
具体的な生活習慣の「気づき」を引出し、効率のよい行動修正が提案できます。 
  
原則(実技)14:30-17:00
 成長ホルモン(GH)分泌トレーニングとボディーシェイプ
(内分泌刺激系トレーニングインストラクション法を習得する)
 コンパウンド&アイソレーショントレーニング理論と内分泌の生理理論および実技、実践 ・複合トレーニングと単一トレーニングの違いを理解しテストステロン、成長ホルモン分泌との関係を理解する。
・実際にトレーニングを実施。トレーニングの効かせ方を習得し、インストラクション法を理解する。
a)成長ホルモン分泌の為の基礎理論
b)コンパウンドエクサイズとアイソレーションエクダサイズ
 
 【第 4 日目】
原理(講義)11:00-13:30
   HC-ダイエット行動学②
(総合演習=カウンセリング法)
 カウンセリング法(総合演習)
・運動(トレーニング)+食事(栄養)+休養(睡眠)+メンタル(ストレス)『4つの観点』から捉えたカウンセリング法(=行動変容)
・スタイルアップ・即ち見た目!に必要な皮膚学
(体液循環と代謝における新陳代謝)
(動脈・静脈・リンパ管と皮膚代謝) 
 
原則(実技)14:30-17:00
 循環代謝系(サーキット)トレーニングと内分泌ホルモン(成長ホルモン)トレーニング
(複合インテンシティートレーニングの習得)
 お客様の目的、課題に対してプログラミングし、実際の指導ロールプレイングを行う(インストラクション法)
・代謝系(シェイプアップ)、内分泌刺激系(ボディーメイク)に対する目的に対するプログラミングからインストラクションまでのサービスをロールプライングする。 
a)ハイインテンシティー(HICT)トレーニング基礎理論
b)プログラミングと実践
    
SC講座案内へ戻る