FNC プログラミング メソッド

  
  3rd アプローチ 

アクティブ トレーニング
&コンディショニング

『Active Mobility(自動運動)& Compression(圧縮)Conditioning』
~動きと安定性の両反応を同時に引き出す~ 
日常動作でもスポーツ動作でも、最終的な身体への刺激として必要なのは、他動的なアプローチよりも、自分自身で動いて、動かして自分の身体に刺激を入れて行う自動運動である。
この運動に圧縮アプローチを加えることによって、体幹(コア)の働きを強め、関節周辺の安定性も高まり、立位、荷重動作を行いやすくする。     
 
『短時間で全部の筋繊維に刺激を入れて効率的にトレーニング効果を引き出す』
~トレーニングスステム・全筋繊維(ホリスティック)システムの習得~ トレーニングの原則は、1回のトレーニングで一部位にある筋繊維を短時間で全部動かすこと。
なかなか、難しいがこのメソッドは少なからず近づける方法である。
アスリート用ではなく、一般の方にも体力に応じて適応可能なので、是非アプローチしていただきたい方法です。 
       
  講座 開催 日程
   
【東京開催】
日程:A)3/31(土)・B)4/1(日)
会場:日本ホリスティックコンディショニング協会(地図)
住所:東京都港区芝5-3-2 アイセ芝ビルB1階
時間:11:00~16:30(5時間30分休憩)
単位:1講座5.0単位取得
      
  担当 講師 紹介
 

岩間 徹
JHCA副理事長
プロジェクトオン代表
林 栄次
JHCA事務局長
 管理栄養士
    
  カリキュラム(テーマ・内容)
  
  A:1日目
前半・講義:担当講師;林 栄次
『トレーニングと運動・栄養生理実践学(体組成反応・体温)』
体温(body temperature)=血液循環とトレーンングの相関関係 人の体の中の様々な化学反応は、温度の影響によって人の活動は大きく影響を受ける。
体温は、周囲の温度(環境)と、自らの体内で作られる熱エネルギーによって変化する。
激しい運動(活動)をすれば、多くの熱エネルギーを生じるので体温は上がり、逆に大きな活動をするためにはある程度以上の体温が必要でもある。
体温が低すぎれば活動できない。
・体温発生のメカニズムと体温調整について
・体温と血液の相関関係と身体への影響とは?
・血行(血液循環)とは?
・血行(血液循環)と代謝の関係とは?
・血行(血液循環)が悪くなる=血行障害のメカニズムとは?
・血行(血液循環)不良=「冷え」とエネルギー代謝不全による影響とは?
・血行(血液循環)改善のポイント 
後半・実技: 担当講師;岩間 徹
『Active Mobility(自動運動)& Compression(圧縮)Conditioning』
~動きと安定性の両反応を同時に引き出す~
日常動作でもスポーツ動作でも。
最終的な身体への刺激として必要なのは、他動的なアプローチよりも、自分自身で動いて、動かして自分の身体に刺激を入れて行う自動運動である。
この運動に圧縮アプローチを加えることによって、体幹(コア)の働きを強め、関節周辺の安定性も高まり、立位、荷重動作を行いやすくする。
   
  B:2日目
前半・講義:担当講師;林 栄次
『トレーニングと運動・栄養生理実践学(体組成反応・腸)』
腸(Intestine)代謝=腸内環境とトレーニングの相関関係について腸は、食べ物や飲み物などを、栄養を吸収する大切な臓器です。
吸収された栄養は、血液の質や体質を決定して行きます。  すなわち、人の生命維持にかかわる、最も大切な器官です。  一方、腸は体の内側にある器官でありながら、外へと直接、接しているという大きな特徴があります。
腸は体に必要な栄養素だけを吸収し、細菌やウイルスなど害のあるものは排泄するという体を守る役割もあります。
・食物の消化・吸収 ・腸とは?
・腸の主な働き
・腸内環境・整備・悪化の要因、背景について
・腸内環境・整備・腸内細菌改善策について
・大腸の運動 「蠕動運動」とは?
・腸のコンディショニングのためのトレーニングとは?
後半・実技: 担当講師;岩間 徹
『短時間で全部の筋繊維に刺激を入れて効率的にトレーニング効果を引き出す』
~トレーニングスステム・全筋繊維(ホリスティック)システムの習得~
トレーニングの原則は、1回のトレーニングで一部位にある筋繊維を短時間で全部動かすこと。
なかなか、難しいがこのメソッドは少なからず近づける方法である。
アスリート用ではなく、一般の方にも体力に応じて適応可能なので、是非アプローチしていただきたい方法です。
 
  受講料金
 
区 分1講座受講

2講座受講
(特典)

JHCA
会員
21,600円30,000円
一般受講
の方
30,000円
  ※上記の表示受講料金は、税込価格表示です。
  
 
 クレジットカード利用 ご希望の方
  
 

受講お申込み

受講お申込みご予約は、下記の『受講お申込み』フォームより、お申込み下さい。
お申込み後、JHCA事務局より予約確定のメール返信をいたします。