東京・平日スクール(水曜日/金曜日)
ホリスティックコンディショニング基礎実践講座
MBM(身体組成トレーニング)編

HC-MBM講座とは・・・

『ボディーシェイプ』=身体組成改善をテーマに、より!HC(ホリスティックコンディショニング)の技術理論をもっと!リアルに運動指導現場で使える内容(カリキュラム)に再編集いたしました。
HC-MBM講座では、「身体組成改善=メタボリック症候群(脂肪代謝)予防改善の為の運動指導(理論とプログラム)を紹介していきます。
昨今のパーソナルレッスンのマーケット事情を考慮し、より!レッスン獲得に!そして収入アップに繋がると確信しています。

【 講座の目的 】
 ボディーシェイプ(=体脂肪燃焼と筋活性)を目的とした運動指導方法の原理(トレーニング理論)と原則(運動プログラム)を習得します。
メタボリック症候群(※)の予防・改善の為の運動指導方法 。
 
【 受講対象者 】
 身体組成改善(体重および体脂肪減量の運動指導を行っている方 
 生活習慣病予防改善の運動指導を行っている方
 ボディーメイクおよびボディーシェイプ(スタイルアップ)の運動指導を行っている方
 スポーツパフォーマンスにおける基礎ウェイトコントロールの運動指導を行っている方
 
 【講座の概要】
 本講座の最大テーマ(ミッション)は、脂肪代謝(燃焼)をアップさせて痩せる身体を手に入れる」のが目的となります。
ただ単に、筋トレ、持久的トレーニングや絶食・偏食を行わせるのではなく、トレーニングサイエンス(科学)の理論に沿って、的確にインストラクションおよびプログラミング能力を高めることが必要です。
そのためには、メタボリックシンドローム(内臓脂肪代謝不全=生活習慣病リスクの高い状態)の方への実践方法からプラスアルファーで、脂肪代謝に関わる内分泌ホルモンの分泌を促すトレーニングの実技も習得できる内容となります。
ボディーシェイプの理論と実技を理解し、講習修了者には、JHCA認定MBM-Diploma(修了証)を授与いたします。
パーソナルトレーナーとして、自信をもって お客様にサービスをご
提供できるようになると確信しております。 
 
(※)メタボリック
症候群とは
運動不足や栄養過剰(飽食)の方に多く見られる社会傾向です。
生活習慣病+内臓脂肪蓄積=死へのリスクが高まる状態のこと。

   

HC-MBM カリキュラム内容

HC-MBM ①
  体温アップでメタボリック症候群予防とシェイプアップ効果増大
体温をアップさせる運動での近道は、体幹のエクササイズ!
体温をアップさせ、発汗作用を促します。
シェイプアップ効果が目的のお客様のウオームアップには最適です!
インナーマッスルのエクササイズだけではなく、骨盤・脊柱・肩甲帯・頸の動きを、引き出す方法も合わせて習得すれば、効果は遥かに上がりやすくなります。
  HC-technic:
・体幹エクササイズと脊柱コンディショニング
・モビリティ&スタビリティ
 
HC-MBM ②
  可動柔軟性アップで運動量を高めるコンディショニング&トレーニング
柔軟性を上げるということは、それだけ動かせる範囲が広がるということです。
そうなると、当然!運動量は自然に増してきます。
動きを引き出す、関節のアプローチ方法と、ダイナミックに動かせるストレッチ&エクササイズの方法を習得すると、より!メイントレーニングの効果が上がりやすくなりますよ!
  HC-technic:
・ファンクショナルROM
・凹凸の法則
 
HC-MBM ③
  ねじりエクササイズで 『 腸温アップ・代謝アップ 』
体幹のエクササイズで、腹圧を上げると自然に体温は上がりやすくなります。
かつ、お腹を ” ねじる ” エクササイズでより腸に刺激が入り、より効果が上がりやすくなります。
エステティックのメニューでも、お腹のねじり・もみを見た方があると思います。
エクササイズでねじりもみは、効果がより!上がりやすいのです。
  HC-technic:
・スパイラルローテーションエクササイズとコンディショニング
 
HC-MBM ④
  キネティックチェーンエクササイズで 『 しなやかな筋肉づくり 』
キネティックチェーンエクササイズとは、1つ1つの筋肉を動かすのではなく、2つ以上の筋肉を一緒に動かすエクササイズです。
1つ1つの筋肉を動かすエクササイズは、筋肉が大きくなりやすい傾向が強いですが、2つ以上の筋肉を動かすエクササイズは、負荷が分散されやすいので、しなやかな筋肉づくりの筋トレ効果が期待できます。
  HC-technic:
・筋連鎖-キネティックチェーンアプローチ
 
HC-MBM ⑤
  トレーニングポジション(肢位)による 『筋温アップ 』エクササイズ
身体の筋温・体温を上げて、シェイプアップ効果を引き出したい。
そのためには、プログラミングの方法とエクササイズの意識の方法があります。
寝る・座る・立つエクササイズの順番は?
トレーニングの効かせる方法は?
ぜひ理解して試してみてください。
  HC-technic:
・OKC/SCKC/CKC
・筋アイソレーション法
・コンティニアステンションメソッド
 
HC-MBM ⑥
  脳の興奮性によるアドレナリン放出を高め運動ボリューム・代謝アップ
気持ち・感情を高ぶらせ自分自身でやる気を起こさせなければ、エクササイズ代謝はあがりません。
そのためには、自分の意識で脳を興奮させ、アドレナリンというホルモンを放出させ、動きを活発になりやすい状態に持っていくことが必要です。
脊柱を整えるとアドレナリンが出やすい状態になります。と!同時に、筋肉を目覚めさせる(覚醒させる)方法もあります。
習得して運動効果をより引き出してほしいものです。
  HC-technic:
・仙骨―後頭骨ラインコンディショニング
・オーバーフロー効果で興奮性を高める
 
HC-MBM ⑦
  代謝系トレーニング(サーキットウエイトトレーニング)の
   基本とプログラミング
代謝を促す基本的なエクササイズは、サーキットトレーニングです!
ある程度、休まずに循環しながら、エクササイズを途切れないように行う方法です。
効果的なプログラミングの方法をしっかり身に着け最適なインストラクションを目指しましょう。
  HC-technic:
・サーキット系トレーニングの基本コンセプト
・HIIT(ハイインテンシティインターバルトレーニング)
 
HC-MBM ⑧
  内分泌系トレーニング(成長ホルモン)の基本とプログラミング
成長ホルモンの分泌エクササイズが、代謝の促進も促すことが理解されてきました。
成長ホルモン分泌のエクササイズ方法の効かせかたと、有酸素運動とのプログラミングなど運動指導者にはかかせない内容です。
  HC-technic:
・コンパウンド(複合エクササイズ)とアイソレーション(単一筋)
  
 

HC-MBM 担当講師

岩間 徹  iwama toru
NPO日本ホリスティックコンディショニング協会
 副理事長 兼 東京スクール専任講師
株式会社プロジェクトオン 代表取締役
NPO日本Gボール協会 理事
≪講師歴32年≫
1992年JHCAの前身(FNC研究所創業)
現)NPO日本健康運動指導士会
   ・ウォーキングコンディショニング専任講師
   ・日常動作ADL゙コンディショニング専任講師
現)NPO日本Gボール協会セミナーリーダー
2001年~大手フィットネスクラブ委託養成
    ・東急スポーツオアシス
   ・OGスポーツ コスパ
   ・セントラルスポーツ 他  パーソナルトレーナー養成専任講師
元)社会体育専門学校(各校)非常勤講師
 
≪トレーナー指導歴35年≫
現)THE FITNESS 芝 Life-coordinator
元)ユニチカ女子バレボール
元)全日本男子バレーボールチーム
元)PFU女子バレーボールチーム
元)日立女子バレーボールチーム 他   チームトレーナー
元)団四季コンディショニングトレーナー 
元)国立スポーツ科学センター(通称JISS) 指導員
   
  
細谷 聡 hosoya satoshi
日本ホリスティックコンディショニング協会  理事 兼 東京スクール専任講師
JHCA-上級ホリスティックコンディショナー
セントラルスポーツPTCパーソナルトレーナー
元)東京療術学院「スポーツコンディショニング」講師
2004年:フィットネスクラブスタッフ中にFNCアカデミー(JHCAの前身)にて受講参加
2005年:JHCAアカデミー受講後、上級HC資格取得
現在、フィイトネスクラブや自宅訪問レッスン、スポーツ選手のなどのパーソナルトレーナーとして活動。
ならびにJHCAトレーナーズスクール・「HC基礎講座」の専任講師を務める。
 
      
佐久間 美奈 sakuma mina
日本ホリスティックコンディショニング協会 理事 兼 東京スクール専任講師
現)セントラルスポーツ株式会社 PTC養成 専任講師
現)NPO日本Gボール協会 セミナーリーダー
現)整心癒美ー美容講座 専任講師
現)NPO日本健康運動指導士会 日常動作ADLコンディショニング専任講師
元)社会体育専門学校(各校)非常勤講師
≪指導歴≫ THE FITNESS 芝 Life-coordinator
元)大手フィットネスクラブスタッフ パーソナルトレーナー