NPO法人 日本健康運動指導士会 協力開催
 日常動作(ADL) & ウォーキングコンディショニング
ベーシックコース(2日間)講習会

大阪 会場 開催のご案内

 
 
 昨年度の7月まで開催してまいりました「日常動作コンディショニング講習会」と「ウォーキングコンディショニング講習会」でございますが、皆様により受講いただき易くするため、『ベーシックコース』を本部講習会(二日間講習会)として開催致します。
 
「日常動作コンディショニング」は、日常動作の中から代表的な立ち上がり・歩行・物を拾うなどの動作をピックアップし、解剖学的見地から個々の筋の出力・関節の動き・連動動作を分析、個々人が無理のない動作を行うための指導スキルの習得する事を目的とし、「ウォーキングコンデショニング」は日常動作の中の、歩行動作をより深く掘り下げ、歩行の動きから身体機能のバランスチェックができる運動指導者の「目」を養い、ストレッチやトレーニングによって、安全で効果的なウォーキング動作を導く指導スキルを身につける事を目的とした内容になります。
 

NPO)日本健康運動指導士会
第11回本部講習会 大阪会場のご案内

 
開催日程:平成30年10月26日(金)~27日(土)

 
主催:NPO法人 日本健康運動指導士会
協力:NPO法人 日本ホリスティックコンディショニング協会 

会場:大阪科学技術センター 
 
住所:大阪府大阪市西区靱本町1-8-4
最寄り駅:地下鉄四ツ橋線「本町駅」下車 28号出口より北へ徒歩5分
 
定員:80名
   ・JHCA 会員
   ・健康運動指導士
     ・健康運動実践指導者
     ・一般受講 その他運動指導者
 

単位:・日本ホリスティックコンディショニング協会付与
      FC/HC 2日間受講にて15.0単位
 
   
・健康運動指導士、健康運動実践指導者の登録更新単位
     (認定番号:186622) (講義2.5単位・実習12.5単位)
※本講習会(実習5単位以上を含む専門講座15単位分)と一日5単位の更新必修講座を受講することにより、 健康運動指導士が更新に必要な単位数全てを取得する事が出来ます。
 
料金:・会員価格2日間 16,200円(税込)
     (JHCA会員・指導士会会員)

   ・一般価格2日間 32,400円(税込)

募集開始:平成30年 8月 26日(日)より開始 
     ※ 定員になり次第〆切となります。

申込方法:
本講習会の下記の専用の申込書に必要事項をご記入の上、FAXもしくは郵送にてお申込みください。
開催当日の飛入り参加並びに、電話による申込は受付ておりませんのでご了承ください。 

送付先:〒105-0004
    東京都港区新橋6-20-1 ル・グラシエルBLDG.1-602
      NPO法人日本健康運動指導士会

お申込みFAX:
03-5472-5820
 
担当講師:
 岩間 徹 (NPO法人日本ホリスティックコンディショニング協会 副理事長)
 山本哲二(NPO法人日本ホリスティックコンディショニング協会 理事)
  
  
 受講お申込み用紙 (PDF)      
 
平成30年 8月 26日(日)よりお申込み開始いたします。
 
受講お申込み書を印刷してFAXにてお申込みください。
FAX:03-5472-5820
 
平成30年 10月 26日(金)1日目カリキュラム

日常動作(ADL)コンディショニング(ベーシック)指導法

<講義>09:30~11:00(1.5時間)
講義・1.5単位 「日常動作コンディショニング(ベーシック)コース
担当:岩間 徹
●日常動作エクササイズの考え方
~日常動作エクササイズの考え方・必要性・エクササイズのポイントを理解する~
 
日常生活における動作の特性。
安定筋と可動筋 各部位別特性について。
10の各部位機能と10の動作ポイント。
 
<実習>11:00~18:30(6.5時間 途中休憩1時間あり)
 
実習・6.5単位 「日常動作コンディショニング(ベーシック)コース
担当:岩間 徹、山本 哲二
●各部位別動きの確認とチェック&ストレッチ。動作バランスの確認(アライメントドック)
~身体各部位を10の動作機能に分類し、その動きの確認を行う。身体各部位の動きのバランスチェックを 行い、アンバランスを理解し、ストレッチでのコンディショニングに役立てられるようにする~
 
脊柱、骨盤、足、膝、股、肩、肘、手関節、肩甲骨、頚部の動作確認。
各部位をアライメントドックシートに基づいてチェック、屈曲/伸展・側屈(左右)・回旋(左右)・内転/外 転・内旋/外旋など。 
●日常動作 5つの確認
~日常の基本動作を5つに分け、動きの特徴を理解する~
 
日常動作を直線的な動きとねじりの動作の複合であることを理解する。
寝る・起きる・立つ・座るから歩く までの5つの基本日常動作を実際に確認し、その特徴を理解する。
  
          
  
平成30年 10月 27日(土)2日目カリキュラム

ウォーキング コンディショニング(ベーシック)指導法

<講義>09:00~10:00(1.0時間)
講義・1.0単位 「ウォーキングコンディショニング(ベーシック)コース」
担当:岩間 徹
●キネシオロジー(機能解剖学)・バイオメカニクスと動作分析(歩行の分析法)
~ウォーキングの動作の特徴と歩行に関わる代表的な筋肉を理解し、動作分析の中からアンバランスな動きの問題点をチェックできるようにします~
 
歩行に関わる筋肉と機能の確認・実際の歩行動作による分析法。動きのアンバランスの見分け方。アンバランスにおける問題点の理解。
 
<実習>10:00~16:50(6.0時間 途中休憩50分あり)  
実習・6.0単位 「ウォーキングコンディショニング(ベーシック)コース」
担当: 岩間 徹、山本 哲二
●筋バランスチェックによるアンバランス修正のための ストレッチ&トレーニング
~動きおよび筋肉のアンバランスチェックを左右差・前後差上下差で確認できようにし、その問題点に対する修正方法をマンツーマン(1:1)およびセルフでのストレッチ・トレーニングで行えるよう習得します~
 
タイトネスチェック(柔軟性)方法の理解。実際の歩行動作による分析法。動きのアンバランスの見分け方。アンバランスにおける問題点の理解。
●ダイナミックなウォーキングを自然に導き出すコンディショニング手法とグループ指導への対応法
~歩行に関わる代表的な筋肉より、歩きやすい機能を正常に働かせるウォーミングアップの方法を理解いただきます~
  
歩行に関わる筋肉の理解。パッシブ・アクティブ エクササイズのアプローチ方法 
 
※健康運動指導士、健康運動実践指導者の登録更新単位及びJHCAの継続単位は、二日間のカリキュラムを全て受講された場合に発行されます。途中受講できない時間がございますと単位発行が出来ませんのでご注意ください。
 
※本講習会は、過去に2日間講習会として開催したものと同一内容です。同じ「内容(題名・テーマ)」の講習会を2回以上受講しても1回分のみの受講単位数となりますので、ご注意ください。ご自身で管理されているお手持ちの受講証明書の「テーマ」をご確認の上、重複しないようお申込みください。 また、より理解を深める為に、重複をすることをご承知の上でご自身の判断で再受講されることは結構でございます。
  

  
  
会場のご案内(大阪科学技術センター) 
沿革
 大阪科学技術センターホームページより http://www.ostec.or.jp/access.html#mwNamba