中高齢者の機能改善を目的にした実践的運動指導法セミナー

「日常動作改善(ADL)とウォーキングコンディショニング実践指導編

  
  
 

 本講座の目的・特長

    
NPO法人日本ホリスティックコンディショニング協会 主催(Diploma付)
NPO法人日本健康運動指導士会 後援
 
-活動的な日常生活を送ることができる身体機能を手に入れる-
2日間で習得できる!
 「中高齢者の機能改善を目的にした実践的運動指導法習得セミナー」

 (日常動作改善(ADL)とウォーキングコンディショニング実践指導編)

   
【講座背景】
ウォーキングコンディショニング講習会は、2007年10月初開催より、今年で10年継続して開催している講習会です。
すでに延べ受講者数は4,000名を超え、全国各地にて運動指導者がウォーキングコンディショニングの実践指導をしていただいていると存じます。
また、2015年 7月からは、「重力下と姿勢(抗重力筋)」を観点においた、日常動作(ADL=Activities of Daily Living)コンディショニング講習会も、並行して開催しております。
 

 
 
【講座特長】
本講座の特長は、今後益々高まる「健康・美容志向時代」に対応すべく、運動指導者のコンディショニング指導の技術力向上(=ポテンシャルアップ)を目標にした2日間の基礎&実践指導方法を修得していただく講習内容となっております。
また、特定非営利活動法人 日本ホリスティックコンディショニング協会発行のDiploma(受講修了証)を付与いたします。
 
 ① 2日間 合計10時間の実技が豊富な短期集中講座です。
 ② 当協会のソフト・システム・プログラムを日常動作とウォーキングのために特化した内容で受講者の
   皆様にお届けする特別プログラム。(教材テキストあり)
 ③ ディプロマ(受講修了証)については、2日間合計10時間全てを受講した方にのみ特定非営利活動法人
   日本ホリスティックコンディショニングのDiplomaを付与いたします。
 
 【講座概要】
日常動作&ウォーキングコンディション(基礎編)の続編となる、応用実践編を多数ご要望にお応えし開催する運びとなりました。
サブタイトルにもありますように、基礎編よりもう一歩踏み込んだ(アドバンス編)、運動指導者がどのようなエクササイズおよびトレーニングを組み込んで少しずつ運動ボリュームを増やし、人間の基本動作である立ち座り・歩くという動き・ムーブメントをダイナミックに末永くできるようにするかに着目をしております。
 
今回の講座内容は、重心移動 』 というダイナミックなうごきの獲得のための分析及びエクササイズ&ストレッチが重要なポイントとなります。
日常動作の立ち座り動作は、上下重心移動ですし、歩行動作は前進重心移動でどちらも重心移動がキーワードとなります。 カリキュラムの進め方も重心移動の考え方を並行して理解しながら、動作としての違いを分析&エクササイズ・ストレッチと複合して習得できるようすすめてまいります。
特にNPO法人日本健康運動指導士会様との共同開催しております日常動作&ウオーキングコンディショニングをすでに受講の皆様にとりましては、指導理論・技術向上に申し分のない内容となります。

是非、受講ご検討お待ち申し上げております。
   
  

 本講座 詳細案内

    
【 主 催 】  NPO法人 日本ホリスティックコンディショニング協会
 
【 後 援 】  NPO法人 日本健康運動指導士会 
  
【開催日程 】
 
  2019年 1月開催  
講 座日 程時 間
1日目1月 26日(土)11:00-16:30 (講習5時間休憩30分あり)  
2日目1月 27日(日)09:30-15:00 (講習5時間休憩30分あり)
   
  
  2019年 3月開催
講 座日 程時 間
1日目3月 18日(土)11:00-16:30 (講習5時間休憩30分あり)  
2日目3月 17日(日)09:30-15:00 (講習5時間休憩30分あり)
      
 Q:2日間で参加できない日程があるのですが、振替はできますか?
  
A:仕事のご都合に合わせて、次回以降の開催日程にて受講日を変更できます。

 
 
【開催会場】 NPO法人 日本ホリスティックコンディショニング協会
 
                  住所)東京都港区芝5-3-2 アイセ芝ビル B1階  電話)03-6435-1985
 
    
【受講料金】
  
受講者 区分受講料金
JHCA会員・健康運動指導士会会員54,000円(税込)
一般 受講者64,800円(税込)

【受講定員】 20名 ※ 定員に達し次第、受講申込みを〆切とさせていただきます。

 
 
【単位取得】 JHCA有資格者 1日受講 5.0単位取得 2日間受講 10.0単位取得

   ※ 本講座では、健康運動指導士、健康運動実践指導者の更新単位取得はできません。
   予めご了承ください。
 
   ※ ディプロマ(受講修了証)については、2日間合計10時間全てを受講した方にのみ
   特定非営利活動法人日本ホリスティックコンディショニングのDiplomaを付与いたします。   
 

  
【持ち物】    受講票、筆記用具、トレーニングウェア、室内シューズ、汗拭きタオル     
  
 

 本講座 カリキュラム 概要

   
  第1日目 前半:11:00~13:30(2.5時間)
  
 ① 身体と重心位置を理解し、姿勢や動きとの関係を理解する。
 
 ② 重心移動と床反力や反動動作での動きを理解する。
   ・ 重心の位置を変化させ、床反力を使う。
   ・ 下半身の筋力がつくまで、ついてからでも効率よく下肢の筋肉を使えるようにする。
 
 
  
  第1日目 後半:14:00~16:30(2.5時間)
 
 ① 立ち座り動作での重心位置及び重心移動をスムーズに行うためのエクササイズを理解する。
 ② 下半身エクササイズと上半身エクササイズ
   ・ 抗重力筋エクササイズで姿勢を伸展優位にする。
   ・ 重力に負けない身体づくりの指導ポイントとプログラミング
   
    
  
  第2日目 前半: 9:30~12:00(2.5時間)
 
 ① ウオーキング前進重心移動の分析・見方のポイント
 ② コンディショニングエクササイズ方法
   ・ 動作、動きに結び付けるためのエクササイズ
   ・ストレッチバリエーション 
 
   
    
  第2日目 後半: 12:30~15:00(2.5時間)
 
 ① ダイナミックな動きを獲得するための意識部位とエクササイズ・ストレッチ方法
   ・ 相反エクササイズで歩行動作をダイナミックにする。
   ・ 下肢・体幹・上肢別の基本エクササイズ 
 
 

 
    

 本講座 担当講師紹介

  
    岩間 徹  iwama toru


 
    
NPO法人 日本ホリスティックコンディショニング協会 副理事長 兼 東京スクール専任講師
株式会社 プロジェクト・オン 代表取締役
NPO法人 日本Gボール協会 理事

≪講師歴32年≫
1992年JHCAの前身(FNC研究所創業)
現)NPO法人 日本健康運動指導士会
  ・ウォーキングコンディショニング講習会 専任講師
  ・日常動作改善(ADL)コンディショニング 専任講師
現)NPO法人 日本Gボール協会セミナーリーダー
2001年~大手フィットネスクラブ委託事業(パーソナルトレーナー養成専任講師)
    ・東急スポーツオアシス
  ・OGスポーツ コスパ
    ・セントラルスポーツ 他
元)社会体育専門学校(各校)非常勤講師
 
≪トレーナー指導歴35年≫
現)THE FITNESS 芝 パーソナルトレーナー
元)ユニチカ女子バレボール
元)全日本男子バレーボールチーム (1996年~2000年)
元)PFU女子バレーボールチーム
元)日立女子バレーボールチーム 他  チームトレーナー
元)劇団四季コンディショニングトレーナー 
元)国立スポーツ科学センター(通称JISS) 指導員