TRAINER-X (失敗しないパーソナルレッスン指導方法)

    
   

 本講座の目的・特長

  
パーソナルトレーナー基礎養成講座 受講卒業の皆様へ
 
JHCAトレーナーズスクール:パーソナルトレーナー基礎養成講座を受講された方、ならびに、その他のJHCA講習会を受講していただきまして誠にありがとうございます。
 
この度、パーソナルトレーナー基礎養成講座の受講卒業の皆様へ、担当講師の山本より更なるステップアップする目的にした講習会のご案内をさせていただきます。
 
パーソナルトレーナーとして実際の運動指導現場に出ると・・・
講習会で学んだ事を上手く活かせなかったり、どのようにレッスンを進めたら良いのか悩んだり、運動指導における様々な疑問や不安が出てくると思います。 講師を担当する私達も通ってきた道です。
 
そこで、この度!
 パーソナルレッスンを失敗しない!
 新規のお客様を獲得したい!
 顧客であるお客様のレッスン継続をさせたい!
 レッスンの効果性と安全性を高めたい!
     
上記のテーマに対する講習会 「TRAINER-X 私!レッスンで失敗しないので」を開催いたします。
 
【本講座の特長】
 具現化します!
 レッスン前カウンセリングから見えてくる、トレーニングメニューの組み立て方
 プログラムミング方法を具現化
 効果を高めます!
 解剖学や生理学などのエビデンスから考える、トレーニング効果を高める
 エクササイズの組み合わせ方

上記のキーは、お客様がパーソナルトレーナーに対する「期待感」 「満足感」 「実感」 「信頼度」に繋がり、
その結果、多くの顧客を獲得でき、継続性が高まることにより、パーソナルトレーナーとして成功(収入アップ)となります。
 
【本講座の内容】
コンディショニング効果を引き出す手技テクニックを中心に、あなたのパーソナルレッスンのブラッシアップ
&スキルアップができる講習会を2日間で開催します。
 ❏ 1日目 : 手技のブラッシアップ&スキルアップをしっかりと実施していきます。
   理論や原理原則をもとに自信を持って各手技をできるようにしていきます。
  
 ❏ 2日目 : カウンセリングからレッスン(カウンセリング内容からトレーニングメニューを組み立てる)を
   完成させていきます。
 
現場では、お客様からの主訴から、自分が修得した理論をもとに、仮定の中で論理的にトレーニングメニューを
組み立てられるプログラミング能力と、それを実践しお客様へ伝えるプレゼンテーション能力が求められます。
以上の能力を習得していきます。

今回の講座では、 身体の主要な部位をテーマに機能改善からパフォーマンス向上まで対応できるようにします。  しっかり確実に技術を習得していただきたいので、定員10名の少人数制とさせていただきます。
 
必ずレッスンに自信を持てるように、お客様の獲得と、レッスンの継続度が高まるようにしていきます。
私が、パーソナルトレーナーとして活動してきた、約17年のノウハウを精一杯お伝えしていきます。

担当講師 : 山本 哲二より
  
     
 本講座 (東京) 詳細案内
  
  【TRAINER-X (失敗しないパーソナルレッスン指導方法)】カリキュラムの説明
  専任講師:山本 哲二(JHCA 理事)より
     
【開催日程】
  
   
  Lesson 1  定員となりました
 失敗しない!腰部に対するプログラミングとレッスン指導方法
 = 「腰部へのストレス軽減から動作パフォーマンス向上まで」 =
1日目7月29日(月運動で腰部へのストレスを軽減する方法(コンディショニングアプローチ) アプローチに
必要な機能解剖学と運動生理学から各コンディショニング実践
2日目9月  2日(月)運動で腰部へのストレスを軽減そしてパフォーマンス向上(ADLレベル)までの方法
各コンディショニングからトレーニングプログラム作成までの実践
   
   
   
   Lesson 2 定員となりました
 失敗しない!肩甲帯に対するプログラミングとレッスン指導方法
 = 「肩甲帯へのストレス軽減から動作パフォーマンス向上まで」 =
1日目10月  7日(月)運動で肩甲帯へのストレスを軽減する方法(コンディショニングアプローチ) アプローチに必要な機能解剖学と運動生理学から各コンディショニング実践
2日目11月  4日(月)運動で肩甲帯へのストレスを軽減そしてパフォーマンス向上(ADLレベル)までの方法
各コンディショニングからトレーニングプログラム作成までの実践
   
    
  
  
   Lesson 3 
 失敗しない!スポーツパフォーマンス向上に対するプログラミングとレッスン指導方法
 =スポーツパフォーマンスに対するプログラム「
スポーツ障害予防からパフォーマンス向上まで」=
1日目12月  2日(月)スポーツ障害予防に対するプログラムの考え方とコンディショニング方法
アプローチに必要な機能解剖学と運動生理学から各コンディショニング実践
2日目1月  13日(月)パフォーマンス向上に必要なトレーニングプログラムの実践方法
各トレーニングのメリット(望める効果)と注意点を踏まえた分析&修正方法の実践
     
    
 【受講料金】
受講お申込みに関してご案内申し上げます。
 
❏ 本講座は、1Lesson(2日間)単位の受講となります。

❏ トレーナーX・本講座は初開催となります。
  会員の皆様には、どちらでも初回受講(1Lesson分)は、特別割引(43,200円)にて受講できます。
  Lesson ①~③のどちらでも、1Lesson(2日間)を特別割引にて受講できます。
 
❏ 3Lesson(6日間)一括受講特別割引として(129,600円)にて受講できます。
 
 
新講座 開催記念セミナー (初回受講料割引)ご案内
  
  JHCA 会員
受講区分通常受講料金初回受講者 特別割引
2日間 54,000円(税込)43,200円(税込)
 ※ 本講座は2日間受講希望の方に限ります。予めご了承ください。
  
 
  お試し一般受講の方
受講区分一般お試し受講料金他団体有資格者割引 
2日間 54,000円(税込)43,200円(税込)
  ※ 他団体の有資格を取得している方は、(日本健康運動指導士会、NSCA、セントラルスポーツPTC等)。現在、パーソナルトレーナーとして活動されている方が対象となります。
  ※ 本講座は2日間受講希望の方に限ります。予めご了承ください。
 ※ お試し受講は、お一人様1回限りとさせていただきます。
     
 
3レッスン(6日間)×一括受講 特別割引 ご案内
   
  JHCA 会員
受講区分通常受講料金初回受講の方特別割引
3レッスン・6日間受講 162,000円(税込)129,600円(税込)
 ※ 本講座は3レッスン・6日間受講希望の方に限ります。予めご了承ください。
 
    
【開催会場】 NPO法人 日本ホリスティックコンディショニング協会
 
             住所) 東京都港区芝5-3-2 アイセ芝ビル B1階  電話) 03-6435-1985

        講習時間) 11:00 ~ 17:00 (5時間講習 1時間休憩あり)
     
         最寄駅) 都営地下鉄 三田線・浅草線 「三田駅」下車 A8出口より 徒歩5分
        最寄駅) 都営地下鉄 大江戸線 「赤羽橋駅」下車 赤羽橋出口より 徒歩7分
        最寄駅) JR 「田町駅」下車 西口(三田口)より 徒歩7分
  
 【単位取得】  JHCA 有資格者 各講座 5.0単位取得 
  
 【受講定員】  各定員 10名 定員に達し次第、受講申込みは〆切となります。
  
 【持ち物】     会員証、受講票、筆記用具、トレーニングウェア、室内シューズ、汗拭きタオル
    
  

 本講座 カリキュラム 概要(レッスン・バリエーション紹介)

  
 様々な運動指導アプローチ方法や様々な分野の理論や原理があります。
 実践現場では、このように様々な理論を基に、お客様の状況により、トレーニングメニューを論理的に組み立て、運動指導を
 実践していく事が求められます。
 
 講師(TRAINER-X)が、10年以上の臨床現場で経験し、培った実績(情報:理論と技術)を基に、
 お客様の要望に応えられる、レッスン効果を高められる「理論」と「技術」そして、「トレーニングメニュー作成」
 (プログラムミング)と運動指導実践法に分け、明日より!すぐに指導現場で使えるカリキュラムとしてご紹介していきます。
 

パーソナルトレーナーのあなたは!
 60分間どのような 「レッスン」を行いますか?
 
お客様の期待に対して、「満足感」と「実感」と「信頼」を得ますか?

 
 例えば・・・ 

 ◇ 「腰痛です。」 医者に筋トレをしなさい!と言われたけど何をしたら良いか分からない。
   自分でやっていても、一向に変化がない。どうしたらいいのか?
 
 ◇ 「腰痛です。」 座っていると大丈夫なのだが、立っていると10分くらいすると腰から脚まで調子が悪くなる。
    どうしたらいいのか?
 
 ◇ ジャンプ力を高めたい。練習すると右のアキレス腱周辺が痛くなる。 しばらく調子が悪い。どうしたらいいのか?
 
 ◇ 自分でトレーニングしていると、右の股関節だけ引っかかる感じがして納得いくトレーニングができない。
    どうしたらいいのか?
 
 ◇ 上半身のトレーニングをしているとすごく左右差を感じる。右側の肩から首周りがとても張る。どうしたらいいのか? 
 
 などなど。
 
 一般のお客様や、スポーツ愛好家、アスリートは、自分の状況をダイレクトに言ってきます。
 このような時に、直ぐに適切なアドバイスや対応ができると、お客様からの信頼は格段に向上します。
 
 上記の例は、ごくわずかな例です。
 このようなことを、お客様から言われたときに、パーソナルトレーナーのとして、
 
   ❏ どのように対応していくのか?
   ❏ 何から始めたらよいのか?
   ❏ 相手の情報を基に、どのようなカウンセリングや目標設定をしたらよいのか?
   ❏ 初回は何をどのように始めたらよいのか?
   ❏ 具体的にコンディショニングとトレーニングをどのボリュームで実施していったらよいのか?

 現場で対応できるためには、お客様から信頼を獲得できるパーソナルトレーナーは、相手の情報から持っている
 知識を論理的に組み立てることが求められます。
 
 対応するために必要な
   ◇ 理論や知識、身体を良い状態にする技術力(コンディショニング&トレーニング)
   ◇ 理論や知識を状況に合わせて論理的に対応できる能力(プログラミング&指導力)
 この2つを1日間ごとに、しっかりと習得していき、現場で対応できる能力を向上させていきます。
  
  

 本講座 TRAINER-X(講師紹介)

  
  山本 哲二 yamamoto tetsuji
              

 

≪講師よりメッセージ≫
スポーツトレーナーの専門学校在学中に、トレーナーの資格を数種類取得。
卒業後、すぐにパーソナルトレーナーの活動を開始。
理論を武器に活動を始めたが、営業方法からカウンセリング、プログラミングなど、思い通りにいかず挫折する。
 
その中で、やってはいけない失敗や、どのように営業してお客様を獲得していくのか?
セッションの質の向上などを試行錯誤しながパーソナルトレーナー活動を継続してきました。
  
これまで、17年間、複数の大手フィットネスクラブで活動し、着実に実施件数を増やし経験を多く積んできました。
また、劇団四季のコンディショニングトレーナー、女子プレミアリーグ:日立リヴァーレトレーニングコーチとしても活動し
一般のお客様から、トップアスリートまで、コンディショニングとトレーニングを組み合わせた、機能改善から、
パフォーマンス向上まで指導してきました。
  
現在も、スポーツパフォーマンス向上と障害予防、機能改善を目的とした、お客様を中心に、パーソナルトレーナーの
活動をしています。
また、大手フィットネスクラブにて、パーソナルトレーナー養成の専任講師を10年以上務めています。
 
NPO法人 日本ホリスティックコンディショニング協会 理事
株式会社 プロジェクト・オン 事業本部長
 
≪講師歴≫ 2001年~
 現)NPO法人 日本ホリスティックコンディショニング協会 専任講師
 現)NPO法人 日本健康運動指導士会 ウォーキングコンディショニング講習会 専任講師
 現)NPO法人 日本Gボール協会セミナーリーダー
 元)社会体育専門学校(各校)非常勤講師
 
大手フィットネスクラブ 業務委託事業にて、パーソナルトレーナー養成専任講師
 ❏ 東急スポーツオアシス
 ❏ OGスポーツ コスパ
 ❏ セントラルスポーツ  他   
 
≪指導歴≫
 現)THE FITNESS 芝 パーソナルトレーナー
 元)大手フィットネスクラブ パーソナルトレーナー
 元)劇団四季コンディショニングトレーナー
 元)PFU女子バレーボールチーム  トレーニングコーチ
 元)日立女子バレーボールチーム  トレーニングコーチ  他

    
 

 本講座 カリキュラム (内容)

  

【POINT】 
パーソナルトレーナーの仕事は、痛みを治すことはできません。  しかし、コンディショニング&トレーニングを介して負担を軽減、応力の分散を図ることでストレスを減らすことは必ずできます。 
これはパーソナルトレーナーとして必要な能力です。また、パーソナルトレーナーだからこそできる専門分野です。

  
 

Lesson ① (2日間)
 失敗しない!腰部に対するプログラミングとレッスン指導方法 
 = 「腰部へのストレス軽減から動作パフォーマンス向上まで」 =

  
◇ 「腰痛です。」 医者には、筋トレをしなさい!と言われたけど何をしたら良いか分からない。
自分でやっていても一向に変化がない。 どうしたらいいのか?
◇ 「腰痛です。」 座っていると大丈夫ですが、立っていると10分くらいすると、腰から脚まで調子が悪くなる。
どうしたらいいのか?
このような状況に対応できるようになります。 腰部に関する内容を具体的に改善できるように2日間で習得できます。
  

 Lesson ① 1日目
  
運動で腰部へのストレスを軽減する方法(コンディショニングアプローチ) アプローチに
  必要な機能解剖学と運動生理学から各コンディショニング実践
 【詳細内容】
  ❏ 股関節と腰椎の関係から考えるコンディショニング
  ❏ 股関節の安定に重要な筋肉のエクササイズ
  ❏ 股関節の可動性におけるインバランス
  ❏ 仙腸関節の安定性と腰部へのストレスの関係
  ❏ 胸椎と腰椎の関係から考えるコンディショニング
  ❏ 足部の安定性と可動性が腰部に影響する関係とコンディショニング
  ❏ 多関節筋と単関節筋のエクササイズ構成方法
  ❏ 相反性抑制と自動性抑制の活用
  ❏ METの活用
  ❏ 基礎運動学の確認と活用
 
 上記における、筋抑制方法と促通方法、エクササイズを一つずつ丁寧に理論と実技を確認していきます。

     

 Lesson ① 2日目
  運動で腰部へのストレスを軽減そしてパフォーマンス向上(ADLレベル)までの方法
  各コンディショニングからトレーニングプログラム作成までの実践
 【詳細内容】  
  ❏ 腰部へのストレスを軽減させる構造的エクササイズと機能的エクササイズの違いと整理
  ❏ 運動プログラム作成における分析方法と評価方法
  ❏ 運動プログラム作成におけるカウンセリングからの分析と評価(どの部位から始めるか)
  ❏ 1日目の内容を基に実践的なプログラムを実施
    
 1日目の内容を基に、腰部に対してストレスを軽減させるプログラムを実践していきます。
 カウンセリングから出てくる情報を基に、どの部位から始めていくか?
 エクササイズポジションは、どのようにしたらよいか?など、現場で対応できる形として完成させていきます。

 
 

Lesson ② (2日間)  
 失敗しない!肩甲帯に対するプログラミングとレッスン指導方法 
 = 「肩甲帯へのストレス軽減から動作パフォーマンス向上まで」 =

 
◇上半身のトレーニングをしているとすごく左右差を感じる。右側の肩から首周りがとても張る。
どうしたらいいのか?
◇肩甲骨周辺が痛い。動かすと少し楽になるが、その日のうちに戻ってしまう。
どうしたらいいのか?
◇肩凝りがとにかくひどい。運動してもよくならない。  何とかしたい! など  

このような状況に対応できるようになります。肩甲帯に関する内容を具体的に改善できるように2日間でまとめていきます。
 

 Lesson ② 1日目  
  運動で肩甲帯へのストレスを軽減する方法(コンディショニングアプローチ) アプローチに必要な機能解剖学と
  運動生理学から各コンディショニング実践
 【詳細内容】
 ❏ 胸椎と頸椎の関係から考えるコンディショニング(上位交差バランス) 
 ❏ 姿勢からみるプログラム(ケンダルの分類より) 
 ❏ Joint by Joint理論から考えるプログラム
 ❏ 足圧中心制御と股関節制御  
 ❏ 胸椎と腰椎の関係から考えるコンディショニング
 ❏ 5つの肩関節から考える機能の確認  
 ❏ 肩甲帯3つのエリアから考える筋肉の役割とプログラム
 ❏ 肩甲骨の安定化と可動性に関わるエクササイズ構成方法
 ❏ 相反性抑制と自動性抑制の活用  
 ❏ 基礎運動学の確認と活用
 
 上記における筋抑制方法と促通方法、エクササイズを一つずつ丁寧に理論と実技を確認していきます。
 

 

 Lesson ② 2日目
  運動で肩甲帯へのストレスを軽減そしてパフォーマンス向上(ADLレベル)までの方法
  各コンディショニングからトレーニングプログラム作成までの実践
 【詳細内容】
 ❏ 肩甲帯と頭頸部へのストレスを軽減させる構造的エクササイズと機能的エクササイズの違いと整理
 ❏ 運動プログラム作成における分析方法と評価方法
 ❏ 運動プログラム作成におけるカウンセリングからの分析と評価(どの部位から始めるか)
 ❏ 1日目の内容を基に実践的なプログラムを実施  
 
 1日目の内容を基に肩甲帯に対してストレスを軽減させるプログラムを実践していきます。
 カウンセリングから出てくる情報を基にどの部位から始めていくか?
 エクササイズポジションはどのようにしたらよいか?など現場で対応できる形として完成させていきます。
 

 
 

Lesson ③ (2日間)  失敗しない!
 スポーツパフォーマンス向上に対するプログラミングとレッスン指導方法  
 =「スポーツ障害予防からパフォーマンス向上まで」=

 
◇ジャンプ力を向上したい。練習すると右のアキレス腱周辺が痛くなる。しばらく調子が悪くなる。
どうしたらいいのか?
◇●●●のポーズをとれるようになりたい。 何をしたらいいのか?
◇柔軟性を向上したい。どのようなストレッチをしたらいいのか?教えてほしい など
 
このような状況に対応できるようになります。
スポーツパフォーマンス向上に関する内容を具体的に改善できるように2日間でまとめていきます 。
 
 

 Lesson ③ 1日目 
  スポーツパフォーマンス向上に対して必要なトレーナーの理論と実践
  傷害予防から機能的ROMの向上までの実践
 【詳細内容】 
 ❏ 構造的トレーニングと機能的トレーニングの違い
 ❏ 機能的可動域と非機能的可動域の組み立てと活用
 ❏ 可動域向上におけるスローリバーサルの活用
 ❏ 可動域向上におけるリズミックスタビリゼーションの活用
 ❏ スポーツ動作から考える多関節筋と単関節筋インバランス
 ❏ スポーツ障害予防のための安定性関節と可動性関節のバランス
 
 上記における筋抑制方法と促通方法、エクササイズを一つずつ丁寧に理論と実技を確認していきます。
 

 

 Lesson ③ 2日目
  スポーツパフォーマンス向上に対して必要なトレーナーの理論と実践
  機能的ROMから機能的筋力向上までの実践
 【詳細内容】
 ❏ スポーツPNF理論と実技
 ❏ 構造的トレーニングの実践(ターゲット筋肉とターゲット関節による選択方法)
 ❏ OKCとCKCの違いと活用方法
 ❏ 特異性の原理から考えるトレーニングプログラムの実践
 ❏ 動作分析から評価するトレーニング種目の選択
  
 1日目の内容を含めながらスポーツ障害予防からスポーツパフォーマンス向上までコンディショニングと
 トレーニングを併せて実践していきます。
 また、トレーニング実践から見えてくる正常な動きと逸脱した動きを評価しながらコンディショニングとトレーニングを
 選択できるように実施していき現場で対応できる形として完成させていきます。
 

 
 

 本講座 受講お申込み  (下記の手順で受講お申込みください。)

   

 1   お申込みフォームより受講お申込みください。

  

TRAINER-X
「失敗しないパーソナルレッスン指導方法」

 

 2   銀行口座振り込みの方は、受講料金をお振込みください。 

 

  三井住友銀行 渋谷支店 普通預金 口座番号 8444613
  口座名義:特定非営利活動法人 日本ホリスティックコンディショニング協会

 

  ゆうちょ銀行 口座記号 / 10120 口座番号 / 84117291 店舗番号 / 018
  口座名義:特定非営利活動法人 日本ホリスティックコンディショニング協会

   

 3   クレジットカードご利用の方は、クレジットカード決済代行システムPayPal(ペイパル)にてご決済ください。 

  
  1Lesson(2日間)受講お申込みの方

 
通常料金

初回特別割引

JHCA会員
商品名:TRAINER-X_会員
価格:50000円(税込54000円)
商品名:TRAINER-X_会員特価
価格:40000円(税込43200円)

   

 
一般受講料金
他団体有資格者
一般受講者
商品名:TRAINER-X_一般
価格:50000円(税込54000円)
商品名:TRAINER-X_他団体
価格:40000円(税込43200円)

 
 3Lesson(全6日間)受講一括お申込み方

 
通常料金

初回特別割引

JHCA会員
商品名:TRAINER-X_全講座
価格:150000円(税込162000円)
商品名:TRAINER-X_全講座特価
価格:120000円(税込129600円)

  
クレジットカード決済ご利用の方 (Paypal決済方法へ) 
 


 
当協会は、2019年2月よりクレジットカード決済として、世界最大のクレジットカード決済代行システム
PayPal(ペイパル)を  採用しています。 
メールアドレスとクレジットカードがあれば誰でも利用することができます。  
PayPal とは、190以上の国と地域で利用されている世界最大手のオンライン決済サービスです。
クレジットカード番号などの個人情報は PayPalで一括管理され、当協会でカード情報をお預かりすることはございません。
 (詳しくは PayPay公式サイトへ)
   
                

Page TOP