(東京・平日) HC基礎&実践テクニカルアカデミー

         

本講座の目的・特長

  
東京・平日の 毎週 水曜日/金曜日に開催いたします。
 ホリスティックコンディショニングの基本理論および施術方法を「具体的、実践的な
  ケーススタディーに基づき、「総括的コンディショニング&トレーニングのアプローチ方法を
  習得する講座です。
 本講座の 2つのカリキュラム より構成されています。
 健常者向けの運動指導に加え、半健常者への運動指導を実施するパーソナルトレーナーの
  方に、利便性の高いカリキュラムです。
   
【本講座の背景】
  
 多くのJHCAパーソナルトレーナー(有資格者)が、活躍する運動指導現場は、フィットネスクラブです。
   
 フィットネスクラブを利用するお客様の年齢層は、約50%が50歳以上のシニア層です。
 
 パーソナルレッスンのお客様は 「2人1人」は50歳以上ユーザー となります。 

 フィットネスクラブ会員年齢別推color
   資料提供: シニア層の健康志向に支えられるフィットネスクラブ - 経済産業省

 ゆえに、フィットネスクラブでパーソナルトレーナーとして成功する秘訣は?
 
  50歳以上のシニア層のお客様のニーズ(要望)に応えらっる 『レッスンプログラム』を修得していること。

  筋力低下の要因から生じる、腰や膝、肩、頸などの運動器の機能改善および向上を目的とされてユーザー層
   (ロコモティブシンドロームの予防改善に必要な機能改善に為の運動プログラムが必要となります。)
 
   例えば・・・ 最近、腰の調子が悪くて。医師に通ったら「運動不足!」と言われたので、フィットネスクラブに入会。
 
  飽食と運動不足の要因から生じる、代謝異常そして生活習慣病へ。 疾病予防および生活習慣の改善を
    目的とされたウーザー層
   (メタボリックシンドロームの予防改善に必要な身体組成改善に為の運動プログラムが必要となります。)
 

   例えば・・・ 会社の健康診断で、中性脂肪の値が高い。血糖値が高い。血圧が高いなど。医師よりこのままでは
    病気になりますので、運動と食事の改善をするように言われたので、フィットネスクラブへ入会。 
 

2つのカリキュラム

  

 【 HC-LCM コース】    
   機能改善向上を目的 としたホリスティック コンディショニング・アプローチ法の習得講座
   
『身体づくり』=筋機能向上をテーマ
に、より!HC(ホリスティックコンディショニング)の技術理論を、もっと!リアルに運動指導現場で使える内容(カリキュラム)に具体的そして実践化いたしました。
本講座では、「筋機能改善向上=ロコモティブ症候群(生活活動障害) 予防改善の為の運動指導(理論とプログラム)をご紹介してまいります。
昨今のパーソナルレッスンのマーケット事情を考慮し、より!レッスン獲得!そして収入アップに繋がることを確信しています。

各講座内容を
詳しく見る

  

 
  

 【 HC-MBM コース】   
 
  体組成改善向上を目的としたホリスティック コンディショニング・アプローチ法の習得講座
   
『ボディーシェイプ』=身体組成改善をテーマに、より!HC(ホリスティックコンディショニング)の技術理論をもっと!リアルに運動指導現場で使える内容(カリキュラム)に具体的そして実践化いたしました。
本講座では、「身体組成改善=メタボリック症候群(脂肪代謝)予防改善の為の運動指導(理論とプログラム)を紹介していきます。
昨今のパーソナルレッスンのマーケット事情を考慮し、より!レッスン獲得に!そして収入アップに繋がると確信しています。

各講座内容を
詳しく見る

 

   
   
Page TOP ▲
  

本講座 詳細案内

   
【開催日程】 
   
  HC-LCMコース(機能改善コンディショニング&トレーニング 全 8 講座 習得コース) 
 
講座記号先行 受講開催日 次回 受講開催日
LM ①   1月11日(金)  14:00-17:00  2月  8日(金)  9:30-12:30 
LM ②   1月16日(水)  14:00-17:00  2月13日(水)  9:30-12:30  
LM ③   1月18日(金)  14:00-17:00  2月15日(金)  9:30-12:30   
LM ④   1月23日(水)  14:00-17:00  2月20日(水)  9:30-12:30   
LM ⑤   1月25日(金)  14:00-17:00  2月22日(金)  9:30-12:30   
LM ⑥   1月30日(水)  14:00-17:00  2月27日(水)  9:30-12:30   
LM ⑦   2月  1日(金)  14:00-17:00  3月  1日(金)  9:30-12:30
LM ⑧   2月  6日(水)  14:00-17:00  3月  6日(金)  9:30-12:30 
  
  
  HC-MBMコース(身体組成改善コンディショニング&トレーニング 全 8 講座 習得コース) 
 
講座記号先行 受講開催日 次回 受講開催日
MS ① 11月21日(水)  14:00-17:00  3月13日(水)  9:30-12:30   
MS ② 11月23日(祝)  14:00-17:00  3月15日(金)  9:30-12:30    
MS ③ 11月28日(水)  14:00-17:00  3月20日(水)  9:30-12:30    
MS ④ 11月30日(金)  14:00-17:00  3月22日(金)  9:30-12:30    
MS ⑤ 12月  5日(水)  14:00-17:00  3月27日(水)  9:30-12:30    
MS ⑥ 12月  7日(金)  14:00-17:00  3月29日(金)  9:30-12:30    
MS ⑦ 12月12日(水)  14:00-17:00  4月  3日(水)  9:30-12:30 
MS ⑧ 12月14日(金)  14:00-17:00  4月  5日(金)  9:30-12:30
 

スケジュール
一覧表を
見る

  
【開催会場】 
         NPO法人 日本ホリスティックコンディショニング協会  
               
         住所)東京都港区芝5-3-2 アイセ芝ビル B1階  電話)03-6435-1985
 
   
 【受講料金】
 
         

お試し受講ご希望の方へ

    
  
トライアル受講料金のご案内 (はじめて本講座を希望される方におすすめします。)  
 
受講回数
トライアル受講料金
 トライアル 1回受講券
16,200円(税込)
 トライアル 2回受講券
30,000円(税込)
 トライアル 4回受講券
48,600円(税込)
  
   トライアル受講のお申込みは、JHCA会員および一般受講者の方も受講可能です。
   本講座のLCMコース、およびMBMコースの各講座より、ご興味ある講座をトライアル受講することができます。
   1回券にて、1講座(3時間)の受講講習となります。

  

受講お申込み   メールフォーム

 
 

本講座(HC-LCMコース・MBM コース)受講ご希望の方へ

  
   本講座の受講料金のご案内
  
受講数
 受講有効期間
会員
会員ペア 
24回
LCMとMBMコースの講座を24回受講できます。
受講期間:受講初回日より 1年間有効です。
175,886円(税込)
156,343円(税込)
48回
LCMとMBMコースの講座を48回受講できます。   
受講期間:受講初回日より 2年間有効
244,389円(税込)
217,234円(税込)
回数変更
24回受講券を48回受講券へ変更ができます。
受講期間:初回日より1年+さらに1年延長できます。
140,914円(税込)
  
   本講座は、JHCA会員入会(年会費をお支払いの方))の方限定の講座となります。
   受講お申込み時、同時に2名以上のJHCA会員でお申込みの方に、会員ペア料金が適応できます。
     (受講申込時に会員ペアの方のお名前をお知らせください。)
   本講座は、施術技術の習得を目的としたカリキュラムです。技術習得に際して、受講者の皆様のお声により
     確実に技術を習得するために、同じ講座を繰り返し受講していただくシステムです。
    
  例えば・・・
  LCMコース(8講座)+MBMコース(8講座)=全16講座を各1回受講し、その後復習したい講座を8回受講することが
  できます。  
  または、自分の施術や運動指導の目的に沿った講座を、集中的に受講するするすることができます。

   繰り返し受講の為、受講料金がたいへんお得です! 
    
     1講座(3時間) 4,600円 (※ 会員ペア48回の場合) 
     パーソナルトレーナーとして、半健常者の運動指導を実施する方にお薦めいたします。
 
   1回券にて、1講座(3時間)の受講講習となります。
 
 

受講お申込み   メールフォーム



本講座 リピート(再受講)ご希望の方へ

  
   本講座を受講修了された方には、リピート(再受講)ができる回数券が御座います。
  
受講回数
リピート受講料金
 リピート 1回受講券
10,286円(税込)
 リピート 4回受講券
32,914円(税込)
 リピート 8回受講券
61,714円(税込)
 
   リピート受講お申込みは、JHCA会員入会(年会費をお支払いの方))の方限定となります。
   また、本講座を受講修了された方に限ります。
   ただし、下記に過去開催され講習会にて受講修了された方もリピート受講ができます。
    ❏ HC ベーシック&アドバンス アカデミー
    ❏ HC ベーシック&アドバンス セミナー
    ❏ HC-NJセミナー
    ❏ HCアドバンスコース(矢野ゼミ/岩間ゼミ)
 
 

受講お申込み   メールフォーム

   
     
                
  

受講生のリクエストから誕生した! 『 お得なBパック 』

  
  
本講座の受講料金のご案内
受講数
 受講有効期間
会員
会員ペア 
24回
LCMとMBMコース
 +岩間ゼミの講座
を24回受講できます。

受講期間:受講初回日より 1年間有効です。
197.640円(税込)
175.680円(税込)
48回
LCMとMBMコース
 +岩間ゼミの講座
を48回受講できます。
受講期間:受講初回日より 2年間有効
268.457円(税込)
238.628円(税込)
回数変更
24回受講券を48回受講券へ変更ができます。
受講期間:初回日より1年+さらに1年延長できます。
145,883円(税込)

  
  
 本講座は、JHCA会員入会(年会費をお支払いの方))の方限定の講座となります。
   受講お申込み時、同時に2名以上のJHCA会員でお申込みの方に、会員ペア料金が適応できます。
     (受講申込時に会員ペアの方のお名前をお知らせください。)
   本講座は、施術技術の習得を目的としたカリキュラムです。技術習得に際して、受講者の皆様のお声により
     確実に技術を習得するために、同じ講座を繰り返し受講していただくシステムです。
 
   例えば・・・
   LCMコース(8講座)+MBMコース(8講座)+岩間ゼミ(8講座)=24講座を各1回受講できます。
   または、自分の施術や運動指導の目的に沿った講座を、集中的に受講するするすることができます。
 
   繰り返し受講の為、受講料金がたいへんお得です!
   
   1講座(3時間) 5,000円 (※ 会員ペア48回の場合)   
   パーソナルトレーナーとして、半健常者や高齢者、そしてスポーツパフォーマンスなどの動作改善を目的にした
   運動指導を実施する方にお薦めいたします。
 
 

受講お申込み   メールフォーム


  
 

   クレジットカード利用ご希望の方へ (一括払い / 分割払い)


  

取扱い可能なクレジットカード
  
クレジットカード利用案内へ   


   
Page TOP ▲

   

 本講座 カリキュラム 概要

                 
  

HC-LCM 講座とは・・・

『身体づくり』=筋機能向上をテーマに、よりHC(ホリスティックコンディショニング)の技術理論を、もっと!リアルに運動指導現場で使える内容(カリキュラム)に再編集いたしました。HC-LCM講座では、「筋機能改善向上=ロコモティブ症候群(生活活動障害) 予防改善の為の運動指導(理論とプログラム)をご紹介してまいります。
昨今のパーソナルレッスンのマーケット事情を考慮し、より!レッスン獲得!そして収入アップに繋がることを確信しています。
 

【 講座の目的 】
 ボディーメイク(=筋肉の活性化および肌肉増加)を目的とした運動指導方法の原理(トレーニング理論)と
  原則(運動プログラム)を習得します。
ロコモティブ症候群の予防・改善の為の運動指導方法 (抗重力筋、姿勢保持筋の筋活性化を施すことを
  目的にした原理(トレーニング理論)と原則(運動プログラム)を習得します。 
 
【 受講対象者 】
 高齢者指導、介護予防を行っている運動指導者
 生活機能障害(筋機能低下)予防改善の運動指導を行っている方
 ボディーメイク、ボディービルド(筋量増加)の運動指導を行っている方
 スポーツパフォーマンスにおける基礎筋力向上の運動指導を行っている方
 
【講座の内容】
本講座の最大テーマ(ミッション)は、「体をつくる」のが目的となります。
ただ単に、厳しい・きついトレーニングを行わせるのではなく、トレーニングサイエンス(科学)の理論に沿って、的確に
インストラクションおよびプログラミング能力を高めることが必要です。
そのためには、ロコモティブシンドローム(運動器機能低下症候群)の方への実践方法からプラスアルファーで、
成長ホルモン分泌(内分泌ホルモン)向上トレーニングの実技も習得できる内容となります。
ボディーメイキングの理論と実技を理解し、講習修了者には、JHCA認定LCM-Diploma(修了証)を授与いたします。
パーソナルトレーナーとして、自信をもって お客様にサービスをご提供できるようになると確信しております。
 
(※)ロコモティブシンドロームとは、高齢者や低体力者(運動不足)の方に多く見られる社会傾向です。
抗重力筋や姿勢保持筋の筋弱化による生活活動障害により、歩行や立位の保持などの筋機能の低下や
移動機能の低下し、進行すると要介護や寝たきりになるリスクが高まる状態のこと。

   
   
 HC-LCM ① 
  骨盤コンディショニングと歩行(ランニング)・立ち座り動作改善  『スクワットの改善法』 ① 
 身体の部位の中で、機能の要となる腰・骨盤(月へんに要)。 その歪みが脚の長さ(脚長)も変化させ、筋肉のアンバランスも引き起こしているのを理解できます。
片足立ちの左右差がエクササイズを行っても整わないお客様ほど、骨盤の問題で足の長さに差が生じ、効果が出ないかもしれません。
そこで、脚長差のバランスを整えながら、ロコモエクササイズを行うと、もっと効果が出やすくなります。
 
   HC-technic: ❏ PI/AS 脚長差 ❏ IN/EX 骨盤回旋とエクササイズ
  
 
 HC-LCM ②
  骨盤コンディショニングと歩行(ランニング)・立ち座り動作改善 『スクワットの改善法』 ② 
 身体のゆがみは、骨盤だけではなく、脊柱にも表れやすくなります。
脊柱が乗っている骨は、仙骨!この機能とコンディショニングを取り入れると、身体がぶれにくくなり、立ち座り動作も行いやすくなる方が多くいらっしゃいます。
ぜひ、運動指導者にも習得してもらいたいアプローチ方法です。  
 
  HC-technic:  ❏ 仙骨・仙腸関節の機能アップと脊柱体幹エクササイズ
  
 
 HC-LCM ③
  部位別 筋肉の働きを高めるための 『関節(ジョイント)テクニック』 の習得 ①   
 
いろいろな筋肉を動かすときは、筋肉だけが動いて動作ができているのではなく、関節も一緒に動いています!
筋肉の動きに伴った関節の動きを引き出す方法を理解するともっと身体を動かせる範囲が変わります。
特にストレッだけでは、可動域が変わらない方へのアプローチには、効果的です。
 
  HC-technic: ❏ 下半身から骨盤帯・脊柱  ❏ 凹凸の法則 
  
 
 HC-LCM ④
  部位別 筋肉の働きを高めるための 『関節(ジョイント)テクニック』 の習得 ②   
 
いろいろな筋肉を動かすときは、筋肉だけが動いて動作ができているのではなく、関節も一緒に動いています!
筋肉の動きに伴った関節の動きを引き出す方法を理解するともっと身体を動かせる範囲が変わります。
特にストレッだけでは、可動域が変わらない方へのアプローチにはもってこいです。
  
  HC-technic: ❏ 上半身から肩甲帯・脊柱  ❏ 凹凸の法則
    
  
 HC-LCM ⑤
  筋連鎖(キネマティックチェーン)コンディショニング法で 『姿勢力アップ』
 
姿勢の乱れは、1つ1つの筋肉のアンバランスが原因にはなっているが歪んでいる部位に歪みの原因があるとは限りません。
ほかの部位の影響を受けて、硬くなったり緩んだりしている場合もあります。
アンバランスのある部位をコンディショニングしても、なかなか機能が戻らない場合の方法を理解したい方には、おすすめの内容です。
 
  HC-technic:  ❏ 姿勢分析法  ❏ 関連する筋肉・関節でのコンディショニング
  
 
 HC-LCM ⑥
  筋コンディショニング法で 『筋弱化』 をとりのぞく
 
ストレッチや簡単なエクササイズも筋コンディショニングの一つですが、それ以外の方法で、筋肉の働きを強めたり緩めたりする方法を学ぶ内容です。
基本的なストレッチやエクササイズでの方法以外のバリエーションを学びたい方には、お勧めです。
 
  HC-technic:  ❏ クイックストレッチ  ❏リバーサルエクササイズ
              ❏ 促通アプローチ
  
 
 HC-LCM ⑦  
  身体のスムーズな動きの獲得やトレーニング効果をより引き出すための 『姿勢・頸反射』
 
人の動きは無意識で、反射を使って動いていることはご存知でしたか?
特に、頸の動きで体幹や腕・脚が操られながら動いています! この反応を理解して、エクササイズや、ふとした日常生活に意識を取り入れるだけで、動きは変わります! 人間の動きの癖もわかるようになります。
 
  HC-technic:  ❏ 体性反射&姿勢  ❏ 頸反射とエクササイズ。
       
 
 HC-LCM ⑧
  スパイラルコンディショニング&トレーニング(ねじり)で、『筋バランス』を整え身体の動きをダイナミックにする
 
基本的なストレッチやエクササイズは、直線の動きが多いですよ!
しかし、筋肉のほとんどは、捻じれてついているのご存知でしたか!
捻じれてついているから、捩じってストレッチ・エクササイズ!この発想が、現状打破!
筋バランスも、可動域も変えられま。
 
  HC-technic:  ❏ スパイラルローテーション  ❏ 体幹から上肢・下肢へ 
 
Page TOP ▲
  
    
  

HC-MBM 講座とは・・・

『ボディーシェイプ』=身体組成改善をテーマに、より!HC(ホリスティックコンディショニング)の技術理論をもっと!
リアルに運動指導現場で使える内容(カリキュラム)に再編集いたしました。 HC-MBM講座では、
「身体組成改善=メタボリック症候群(脂肪代謝)予防改善の為の運動指導(理論とプログラム)を紹介していきます。
昨今のパーソナルレッスンのマーケット事情を考慮し、より!レッスン獲得に!そして収入アップに繋がると確信しています。
 

【 講座の目的 】
 ボディーシェイプ(=体脂肪燃焼と筋活性)を目的とした運動指導方法の原理(トレーニング理論)と原則(運動プログラム)を習得します。
メタボリック症候群(※)の予防・改善の為の運動指導方法 。
 
【 受講対象者 】
 身体組成改善(体重および体脂肪減量の運動指導を行っている方 
 生活習慣病予防改善の運動指導を行っている方
 ボディーメイクおよびボディーシェイプ(スタイルアップ)の運動指導を行っている方
 スポーツパフォーマンスにおける基礎ウェイトコントロールの運動指導を行っている方
 
【講座の概要】
本講座の最大テーマ(ミッション)は、脂肪代謝(燃焼)をアップさせて痩せる身体を手に入れる」のが目的となります。
ただ単に、筋トレ、持久的トレーニングや絶食・偏食を行わせるのではなく、トレーニングサイエンス(科学)の理論に
沿って、的確にインストラクションおよびプログラミング能力を高めることが必要です。
そのためには、メタボリックシンドローム(内臓脂肪代謝不全=生活習慣病リスクの高い状態)の方への実践方法から
プラスアルファーで、脂肪代謝に関わる内分泌ホルモンの分泌を促すトレーニングの実技も習得できる内容となります。
ボディーシェイプの理論と実技を理解し、講習修了者には、JHCA認定MBM-Diploma(修了証)を授与いたします。
パーソナルトレーナーとして、自信をもって お客様にサービスをご提供できるようになると確信しております。
 
※ メタボリックシンドロームとは 運動不足や栄養過剰(飽食)の方に多く見られる社会傾向です。
   生活習慣病+内臓脂肪蓄積=死へのリスクが高まる状態のこと。

 
 HC-MBM ①
  体温アップでメタボリック症候群予防とシェイプアップ効果増大
 
体温をアップさせる運動での近道は、体幹のエクササイズ! 体温をアップさせ、発汗作用を促します。
シェイプアップ効果が目的のお客様のウオームアップには最適です!
インナーマッスルのエクササイズだけではなく、骨盤・脊柱・肩甲帯・頸の動きを、引き出す方法も合わせて習得すれば、効果は遥かに上がりやすくなります。
  HC-technic:
  ❏ 体幹エクササイズと脊柱コンディショニング  ❏ モビリティ&スタビリティー
 
 HC-MBM ②
  可動柔軟性アップで運動量を高めるコンディショニング&トレーニング
 
柔軟性を上げるということは、それだけ動かせる範囲が広がるということです。
そうなると、当然!運動量は自然に増してきます。 動きを引き出す、関節のアプローチ方法と、ダイナミックに動かせるストレッチ&エクササイズの方法を習得すると、より!メイントレーニングの効果が上がりやすくなります。
  HC-technic:
  ❏ ファンクショナルROM  ❏ 凹凸の法則
 
 HC-MBM ③
  ねじりエクササイズで 腸温アップ・代謝アップ
 
体幹のエクササイズで、腹圧を上げると自然に体温は上がりやすくなります。
かつ、お腹を ” ねじる ” エクササイズでより腸に刺激が入り、より効果が上がりやすくなります。
エステティックのメニューでも、お腹のねじり・もみを見た方があると思います。
エクササイズでねじりもみは、効果がより!上がりやすいのです。
  HC-technic:
  ❏ スパイラルローテーションエクササイズとコンディショニング
 
 HC-MBM ④
  キネティックチェーンエクササイズで しなやかな筋肉づくり
 
キネティックチェーンエクササイズとは、1つ1つの筋肉を動かすのではなく、2つ以上の筋肉を一緒に動かすエクササイズです。
1つ1つの筋肉を動かすエクササイズは、筋肉が大きくなりやすい傾向が強いですが、2つ以上の筋肉を動かすエクササイズは、負荷が分散されやすいので、しなやかな筋肉づくりの筋トレ効果が期待できます。 
  HC-technic:
  ❏ 筋連鎖-キネティックチェーンアプローチ
 
 HC-MBM ⑤
  トレーニングポジション(肢位)による 筋温アップエクササイズ
 
身体の筋温・体温を上げて、シェイプアップ効果を引き出したい。
そのためには、プログラミングの方法とエクササイズの意識の方法があります。
寝る・座る・立つエクササイズの順番は? トレーニングの効かせる方法は?
ぜひ理解して試してみてください。
  HC-technic:
  ❏ OKC/SCKC/CKC  ❏ 筋アイソレーション法
  ❏ コンティニアステンションメソッド
 
 HC-MBM ⑥
  脳の興奮性によるアドレナリン放出を高め  運動ボリューム・代謝アップ
 
気持ち・感情を高ぶらせ自分自身でやる気を起こさせなければ、エクササイズ代謝はあがりません。 そのためには、自分の意識で脳を興奮させ、アドレナリンというホルモンを放出させ、動きを活発になりやすい状態に持っていくことが必要です。
脊柱を整えるとアドレナリンが出やすい状態になります。と!同時に、筋肉を目覚めさせる(覚醒させる)方法もあります。 習得して運動効果をより引き出してほしいものです。   
  HC-technic:
  ❏ 仙骨―後頭骨ラインコンディショニング
  ❏ オーバーフロー効果で興奮性を高める
 
 HC-MBM ⑦
  代謝系トレーニング (サーキットウエイトトレーニング) の基本とプログラミング
 
代謝を促す基本的なエクササイズは、サーキットトレーニングです!
ある程度、休まずに循環しながら、エクササイズを途切れないように行う方法です。
効果的なプログラミングの方法をしっかり身に着け最適なインストラクションを目指しましょう。
  HC-technic:
  ❏ サーキット系トレーニングの基本コンセプト
  ❏ HIIT(ハイインテンシティインターバルトレーニング)
 
 HC-MBM ⑧
  内分泌系トレーニング(成長ホルモン)の 基本とプログラミング
 
成長ホルモンの分泌エクササイズが、代謝の促進も促すことが理解されてきました。
成長ホルモン分泌のエクササイズ方法の効かせかたと、有酸素運動とのプログラミングなど運動指導者にはかかせない内容です。
 
  HC-technic:
  ❏ コンパウンド(複合エクササイズ)とアイソレーション(単一筋)
 
Page TOP ▲
 
   

 本講座 担当講師紹介

  
      細谷 聡 hosoya satoshi
 
 
 日本ホリスティックコンディショニング協会  理事 兼 東京スクール専任講師
  JHCA-上級ホリスティックコンディショナー
 セントラルスポーツPTCパーソナルトレーナー
 
  元)東京療術学院「スポーツコンディショニング」講師
  2004年:フィットネスクラブスタッフ中にFNCアカデミー(JHCAの前身)にて受講参加
  2005年:JHCAアカデミー受講後、上級HC資格取得
  現在、フィイトネスクラブや自宅訪問レッスン、スポーツ選手のなどのパーソナルトレーナーとして活動。
  ならびにJHCAトレーナーズスクール・「HC基礎講座」の専任講師を務める。  
  
Page TOP ▲
 
  全国セミナー開催情報へ