2019年 7月15日(月/祝)JHCA 15周年記念 イベント・ワークショップ

 

JHCA・EXPENDABLES(エクスペンダブルズ)

          
トレーナー、運動指導者の皆様に熱く伝えたいことがあるんだ! 我らは、エクスペンダブルズ ! !
「消耗品と言われた業界きってのならず者!」 歳を重ねた分、 指導方法は無限大∞どんなクライアントにも対応できるスペシャリスト ! !
 
『ギャラは高いが仕事は確実!』鉄壁の技術と指導力を兼ね備えたプロの指導者軍団エクスペンダブルズ(運動業界にその名を轟かせるならず者 笑) 彼らの次なる任務は、次世代トレーナー、若手運動指導者の皆様に熱く後世に伝えるべく講習会を開催する事だ!
 
そこで、JHCAではトレーニングやパーソナルトレーニング指導を確立してきた先駆者(ベテラン)からもっともっと色々な知識や方法、接客までも、バリエーションの豊富さとユーモアたっぷりな実践法を伝えていきたいと思います。
   

 今回の「テーマ」は?

     

筋トレ実践指導者にあらずして
JHCAスポーツトレーナーにあらず!!
  
 ~鍛錬した身体(多職種にない)が我々の最大武器(アドバンテージ)~
 
 
  より運動効果を上げるためのからだの修正から
トレーニングを実践し評価する

  

 今回登場する「エクスペンダブルズ チーム」は

  
  

トレーニングのプロフェッショナルトリオ

安田 嵩常
 
安田メディカルフィットネスラボ 所長
日本ホリスティックコンディショニング協会 理事
土黒 秀則
 
早稲田大学スポーツ科学部非常勤講
日本ホリスティックコンディショニング協会 理事
片井 忠
 
有)Fukuoka Strength & Conditioning 代表
日本ホリスティックコンディショニング協会 理事
Conditioning
Biomechanics
Strength training
    
    
    

 今回の「スケジュール」

  

 1   9:00 ~ 12:00 (3時間)  ▶ Conditioning Approach

  

安田 嵩常  安田メディカルフィットネスラボ 所長

 
 有限会社 エルグ・ジャパン 代表取締役
 NPO法人 日本ホリスティックコンディショニング協会 理事
 

≪資格≫
 ・柔道整復師  ・ドイツ徒手医学会マニュアルセラピスト 
 ・国際マッケンジ-協会認定セラピスト  ・JATIC認定アスレチックトレーナー

 ・JATI認定上級トレーニング指導者  ・キネシオテーピング協会指導員CKTI 
 ・日本体力医学会健康科学アドバイザー  
・厚生大臣認定 健康運動指導士、健康運動実践指導者 
 ・労働大臣認定ヘルスケアトレーナー、心理相談員  
・文部大臣認定スポーツプログラマー 
 ・(財)JCCA日本コアコンディショニング協会スーパーバイザー 

 ・(社)日本ボディビル連盟公認指導員  ・日本スポーツリハビリテーション学会講師(評議員)
 ・(財)日本体育施設協会認定トレーニング指導士、体育施設管理士 
 ・横山式筋二点療法講師  
・日本マイオチューニングアプローチ研究会インストラクター  ほか
  

『スクワット指導に必要必須の機能解剖と最新理論』

    
【講座内容】
 Stability(安定性)の質はトレーニング動作とスポーツパフォーマンスに大きく影響を及ぼす。
 Stabilityとは、望ましくない動作を制御して望ましい動作を可能にすることである。
 
 そして、Stabilityが確保された上で特異的パフォーマンスに必要なMobility(可動性)や
 Rigidity(固定性)を構築するべきである。
 
 そのためには、可動する各関節は力学的に最も効率的な位置 (Joint Centoration:
 骨の接触面が最大またはニュートラルな位置)に配置されている必要がある。
 
 そして、効率的かつ効果的なスクワットやデッドリフトにはコアシステムの動的安定性が求め
 られる。
 理想的な動的コアシステムとはIAP(腹腔内圧)の活性化が大きな要因である。

 IAPは、スクワットによる身体(特に脊柱)に対する鉛直下向き方向の過負荷に対して
 唯一脊柱に対する牽引力を作り出すことでできる。
 
 また、最適なIAPを作り出すには横隔膜と骨盤底が平行な位置にあることが必要である。
 (DNS Weight Training 2Day Skills Course)Created by Dr.Richard Ulm より一部引用)
  
 本講座は、上記の条件をクリアして理想的なスクワット動作を習得・指導するために、

 ①機能解剖(スクワット:トリプルエクステンションに参加する骨・関節・筋の触診等)
 
 ②足関節・股関節のJoint Centration操作
 
 ③動的コアシステム(主にIAP活性化)の獲得の三本柱を紹介します。
  
  

 2   13:00 ~ 16:00 (3時間)  ▶ Biomechanics Approach

  

土黒 秀則  NPO 日本ホリスティックコンディショニング協会 理事 

 
 JHCA-FC
 NSCA-CSCS
 NSCA-認定検定員
 早稲田大学スポーツ科学部非常勤講
 
 ≪指導歴≫
 ・元)国立スポーツ科学センター(JISS)トレーニング指導員
 ・2012年 ロンドンオリンピック・競泳・松田丈志トレーニングスタッフ
 ・2005年 世界水泳シンクロトレーニングコーチ
 ・セパタクロー女子日本代表選手トレーニング指導
 ・早稲田大学スキー部(アルペンスキー、スキージャンプ) など
   

『正しいトレーニング動作分析と評価法』

 
【講座内容】
   
 そのトレーニング指導は「正しい」 or 「正しくない(間違っている)」か。 
  
 その違いは何か?
 
 私たちトレーナーの仕事は「コンディショニング」です。
 
 そのコンディショニングの目的は「ケガの予防」と「クライアントのニーズの達成」です。
 
 つまり一言でいうと「ケガをさせないこと」です。
 
 ウエイトトレーニングは関節運動に重量という負荷をかけて筋肉にアプローチしますが、
 実際には筋肉および関節に対してメカニカルストレスを与えている行為です。
 
 正しいフォームであればリスクは少ないのですが、間違ったフォームで行うと
 オーバーユースによる障害が発生します。
 
 ケガの予防のためにもクライアントの静的アライメント評価(姿勢評価)
 ⇒動的アライメント評価(動作分析)を行うことが必須となります。 
 
 加えて現代人は機能的なコンディションが不良(姿勢の歪み、筋のインバランス・左右差、
 可動域制限など)であるために、まずは機能的コンディションを高めてから、
 すなわちコレクティブアプローチを行ってから重量を持つことが重要です。
 
 本講座では
 
 ① 姿勢評価(静的アライメントチェック)
 
 ② 動作分析(動的アライメントチェック)
   代表的な種目をピックアップして動作チェックを行います
 
 ③ 筋のインバランス改善アプローチ

 以上、現場指導に直結する内容を紹介します。
 
  

 3   16:00 ~ 19:00 (3時間)  ▶ Training Approach

  

片井 忠  有)Fukuoka Strength & Conditioning Center 代表

 
 NPO法人 日本ホリスティックコンディショニング協会 理事

≪資格≫
 ・JHCA認定ホリスティックコンディショナー  ・FNCスペシャリスト 
 ・米国政府認定カイロプラクティックD.C認定カイロプラクター

 ・日本ボディビル連盟公認指導員  ・日本パワーリフティング連盟公認審判員
 ・日本体育施設協会トレーニング指導士
≪指導≫
 ・福岡工業高校野球部  ・大濠高校柔道部  ・博多女子高校バレーボール部
 ・香椎高校男子バレーボール部  
・香椎高校女子バレーボール部
 ・飯塚高校女子バレーボール部  ・魁誠高校女子バレーボール部
 ・春日高校女子バレーボール部  
・元)福岡ソフトバンクホークス田之上慶三郎投手
 ・第一回WBC出場大塚晶則投手  ・第二回WBC出場城島健司捕手 
 
・K1GP出場チェ・ホンマン選手  ・福岡ソフトバンクホークス今宮健太遊撃手
 ・福岡リゾート&スポーツ専門学校 非常勤講師  ・福岡医健専門学校 非常勤講師
  

『ビッグ3ベンチプレス、デッドリフト、スクワットを極める』

 
【講座内容】
 
 ビッグ3の理想的な身体の使い方の実技をメインに行います。
 
 変則的なトレーニング方法などについて包括的に行います。 
 
 ① ビッグ3を伸ばす為のトレーニングのやり方、身体の作り方の実際
 
 ② ピリオダイゼーションの組み方
 
 ③ MAX向上の為のピークの作り方と呼吸、応用編
 
 ④ 効果的な追い込み方
 
 「ビッグ3のMAXを伸ばす為には?」
 
 ● ベンチプレスを伸ばす為の胸部の補助種目について
  (ダンベルフライ・ワイドグリップベンチプレス・ナローグリップベンチプレス)
 
 ● 共働筋の補助種目について
  (バックプレス・ライイングトライセプスエクステンション・プレスダウン)
 
 ● スクワットを伸ばす為の補助種目とスクワットのバリエーションについて
  (ワイドスタンススクワット・ナローススタンススクワット・ハーフスクワット
  ・パーシャルスクワット)
 
 ● デッドリフトを伸ばす為の補助種目とバリエーションについて
  (トップサイドデッドリフト)
 
  

 4   19:30 ~ 21:30 (2時間)  ▶ 懇親交流会

   

明華楼 本店  JHCAより徒歩5分 芝公園駅そば(中華料理)

  
 お店住所) 東京都港区芝2-18-2 志村ビル1F
 最寄り駅) 地下鉄都営三田線 芝公園駅 A1出口より徒歩1分
 参加費用) お一人様 4,320円(税込)
 ※事前予約制とさせていただきます。 なお、参加費は、講習会当日にお支払いください。
 
    

  

 開催会場 詳細ご案内

  

【開催日程】 2019年 7月 15日(月・祝日)

【開催会場】 日本ホリスティックコンディショニング協会 (MEDICAL FITNESS SHIBA 内)
 
(住所) 東京都港区芝5-3-2 アイセ芝ビルB1階  (電話) 03-6435-1985
      (最寄り駅)
 ❑ 都営地下鉄 三田線・浅草線 「三田駅」下車 A8出口より 徒歩5分
 ❑ 都営地下鉄 大江戸線 「赤羽橋駅」下車 赤羽橋出口より 徒歩7分
 ❑ JR 「田町駅」下車 西口(三田口)より 徒歩7分
  
【受講料金】 JHCA会員 全3講座 30,000円(税込)
  
【単位取得】 JHCA有資格者 1日 9.0単位取得
  
【受講定員】 限定30名 定員になり次第、募集を〆切とさせていただきます。お早めにご予約くいださい。
  
【持ち物】 会員証、受講票、筆記用具、トレーニングウェア、室内シューズ、汗拭きタオル。
 
【注意事項】 本講座は、単体での受講はできません。全3講座すべて受講にてお申込みとなります。
  
   

 本講座 受講お申込み  (下記の手順で受講お申込みください。)

    

 1   お申込みフォームより受講お申込みください。

  
 JHCAS・EXPENDABLES
受講お申込み
 
 
  受講希望の講座ページ上にある【JHCAセミナー受講お申込フォーム】より、申込フォームに必要事項をご入力ください。
   入力された受講申込書は、JHCA事務局にEメールにて送信されます。
 
  送信したEメールは、JHCA事務局にて受講申込みに対する事務手続きを行い、その後申請時に登録いただいた
   Eメールアドレス宛に受講申込に関するご案内をいたします。
 
 <注意事項>
   JHCA事務局からのご連絡はEメールでいたします。info@j-holistic.org
を受信できるようる設定して下さい。
 
  JHCA事務局からのEメールをご確認いただいた後に、受講料金を、銀行振込みまたは、クレジットカード決済にて
   お支払いをお願い申し上げます。
 
   

 2   銀行口座振り込みの方は、受講料金をお振込みください。 

 
  三井住友銀行 渋谷支店 普通預金 口座番号 8444613
  口座名義:特定非営利活動法人 日本ホリスティックコンディショニング協会
 
  ゆうちょ銀行 口座記号 / 10120 口座番号 / 84117291 店舗番号 / 018
  口座名義:特定非営利活動法人 日本ホリスティックコンディショニング協会
   

 3   クレジットカードご利用の方は、クレジットカード決済代行システムPayPal(ペイパル)にてご決済ください。 

 
2019年 7月15日(月・祝日)
TRAINER・EXPENDABLES
  
 クレジットカード決済ご利用の方 (Paypal決済方法へ)     

 
 当協会は、2019年2月よりクレジットカード決済として、世界最大のクレジットカード決済代行システム
 PayPal(ペイパル)を採用しています。 
 メールアドレスとクレジットカードがあれば誰でも利用することができます。  
 PayPal とは、190以上の国と地域で利用されている世界最大手のオンライン決済サービスです。  
 クレジットカード番号などの個人情報は PayPalで一括管理され、当店でカード情報をお預かりすることはございません。
 (詳しくは PayPay公式サイトへ)
               
Page TOP ▲