=現代社会に必要な運動指導のスペシャリストを目指す!=
【札幌】レッスン・スペシャリスト養成講座

  
               
   

【札幌】開催 ご案内(詳細)

    
   
 開催日程  
 
 【 Gravity Exercise Specialist 養成講座(2日間) 】 
 腰痛・膝痛(国民病)予防!重力に負けるな!
 抗重力筋指導のスペシャリストを目指す! 
第1日目 9月 12日(土)12:00~18:00
 札幌市東区民センター「いこい」
第2日目 9月 13日(日)10:00-16:00
 札幌市東区民センター「いこい」
    
 【 IT Care Exercise Specialist 養成講座(2日間) 】
 パソコン頚腕障害、スマホッ首障害予防!座り過ぎ問題!
 日常生活下での『姿勢保持
筋』のスペシャリストを目指す! 
第1日目 11月 14日(土)12:00-18:00
 札幌市中央区民センター会議室B
第2日目 11月 15日(日)10:00-16:00
 札幌市中央区民センター会議室C
     
 【 Movement Conditioning Specialist 養成講座(2日間) 】
 スポーツパフォーマンス向上!スポーツ障害予防!
 動作分析とパフォーマンス向上のスペシャリストを目指す!
 
 第1日目 1月 23日(土)11:00-17:00
 未定(決定次第、掲載します)
 第2日目 1月 24日(日)10:00-16:00
 未定(決定次第、掲載します)
     
  
 講座名  
 
 レッスン・スペシャリスト養成講座
 
 
 
2020年!パーソナルレッスン事情を予測
 今の社会に必要な運動指導者とはなにか・・・?

 ① 国民病!「腰痛」「膝痛」の早期発見・疾患予防ケア」の専門家!
 ② 急増!「スマホ首」「パソコン障害」姿勢障害分析と改善ができる専門家!
 ③ スポーツトレーナーの必須技術=スポーツ動作を分析できる『目』を養う!
 以上、3点に対応できる『運動のスペシャリスト』を養成します。
 
    
 カリキュラム  
  
各講座の紹介
 
    
 Diploma 授与
 (受講修了書)
  
 各カリキュラム(2日間)全講習を受講された方は
 
 ① Gravity Exercise Specialist
 ② IT-Care Exercise Specialist
 ③ Movement Conditioning Specialist 
 
 3つの 日本ホリスティックコンディショニング協会が認定する
 各受講されたレッスンスペシャリストの「Diploma」を授与いたします。
   
 
 どうぞ!あなたの運動指導現場で
 自分のプロフィールに付け加えて・・・
 レッスン本数拡大(売上拡大)に繋げてください。
 
 指導現場で疑問・質問が発生したら!フォローアップします!
 本講座担当の講師によるパーソナル(個別)セミナーを受講できます。
    
 
 担当講師  
 
 岩間 徹:日本ホリスティックコンディショニング協会 副理事長
 
  
 交通機関ご案内
 
 名称:札幌市中央区民センター https://chuou.kumin-c.jp/access/
 
 住所:札幌市中央区南2条西10丁目
 
 最寄り駅:東西線「西11丁目駅」下車・3番出口 徒歩約5分
       (大通駅~西11丁目駅:約2分)
 

 
   
 受講定員  
 
 各講座 20名
 
   
 受講料金
  
  一般(通常)受講の方(どなたでも受講参加できます。) 
スペシャリスト1講座(2日間)55,000円(税込)
  
 
他団体・有資格者の方(現在運動指導者として活動されている方)
スペシャリスト1講座(2日間)49,500円(税込)
  
  JHCA会員申込の方(会員価格)
スペシャリスト1講座(2日間)44,000円(税込)
スペシャリスト2講座(4日間)
76,000円(税込)
  
  2019年度 札幌2日間講習会を受講修了された方(再受講特典)
スペシャリスト1講座(2日間)33,000円(税込)
スペシャリスト2講座(4日間)
57,000円(税込)
 ※2019年度 札幌2日間講習会を受講修了された方を対象にした特典制度です。
 
 
 
   
 資格継続単位
 
 JHCA資格取得者 各1講座(2日間):10.0単位
   
 お支払い方法
  
 ① 受講ご希望の方は、『JHCA受講お申込みフォーム』より、お申込みください。  
  
 ② お申込み後、後日当協会事務局より、受講予約確認メールをご返信いたします。
 
 ③ 当事務局からの返信メールを確認の上、
    銀行振込
または、クレジットカード決済にてお願い申し上げます。  

  
  
銀行振込をご希望の方
 
  ■ ゆうちょ銀行:口座記号 / 10120 口座番号 / 84117291 店舗番号 / 018
 
 
■ 三井住友銀行:渋谷支店 普通預金 口座番号 /8444613
 
(銀行口座名義)
  特定非営利活動法人日本ホリスティックコンディショニング協会
     
クレジットカード決済をご希望の方
 
当協会は、クレジットカード決済として、世界最大のクレジットカード決済
 代行システム PayPal(ペイパル)を採用しています。
 メールアドレスとクレジットカードがあれば誰でも利用することができます。
 PayPal とは、190以上の国と地域で利用されている世界最大手のオンライン
 決済サービスです。
 クレジットカード番号などの個人情報は PayPalで一括管理され、当協会で
 カード情報をお預かりすることはございません。詳しくはPayPay公式サイト
  
 
    
 当日の持ち物    
 
 受講票、筆記用具、バインダー、トレーニングウェア、汗拭きタオル、
 室内シューズ、ヨガマット(または大きなタオル)
 ※
講習用のレジュメは、当日にお渡しいたします。
 
   
 キャンセルポリシー
 について
 
 参加者の都合による、受講お申込みおよび受講料ご入金後のキャンセルの場合  
区分キャンセル料金
受講開始 3か月前までキャンセル料 なし
受講開始 2か月前まで受講料金の  50%
受講開始 1か月前まで受講料金の100%
無連絡 受講 欠席受講料金の100%
 
  受講中止に関する「キャンセル規定」へ
 キャンセル規定に同意できない方は、
 受講ご参加をお控えいただけますようお願い申し上げます。
 
   

  

 受講お申込み(下記の手順で受講お申込みください。)

   

 1   お申込みフォームより受講お申込みください。

  
【札幌】レッスンスペシャリスト養成講習会
受講申込メールフォーム
 

 2   銀行口座振り込みの方は、受講料金をお振込みください。 

 
  三井住友銀行 渋谷支店 普通預金 口座番号 8444613
  口座名義:特定非営利活動法人 日本ホリスティックコンディショニング協会
 
  ゆうちょ銀行 口座記号 / 10120 口座番号 / 84117291 店舗番号 / 018
  口座名義:特定非営利活動法人 日本ホリスティックコンディショニング協会
   

 3   クレジットカードご利用の方は、クレジットカード決済代行システムPayPal(ペイパル)にてご決済ください。 

  
一般受講申込の方(どなたでも受講参加できます。) 
スペシャリスト養成1講座(2日間)申込み
 商品名:スペシャリスト:一般1講座(2日間)
価格:50000円(税込55000円)
  
他団体・有資格者(現在運動指導者として活動されている方)  
スペシャリスト養成1講座(2日間)申込み
 商品名:スペシャリスト:他団体各1講座(2日間)
価格:45000円(税込49500円)
 
 JHCA会員申込の方(会員価格)  
スペシャリスト養成1講座(2日間)申込み
 商品名:スペシャリスト:会員1講座(2日間)
価格:40000円(税込44000円)
スペシャリスト養成2講座(4日間)申込み
 商品名:スペシャリスト:会員2講座(4日間)
価格:69091円(税込76000円)
 
2019年度 札幌2日間講習会を受講修了された方(再受講特典)
スペシャリスト養成1講座(2日間)申込み
 商品名:スペシャリスト:受講修了者1講座(2日間)
価格:30000円(税込33000円)
スペシャリスト養成2講座(4日間)申込み
 商品名:スペシャリスト:受講修了者2講座(4日間)
価格:51819円(税込57000円)
 ※2019年度 札幌2日間講習会を受講修了された方を対象にした特典制度です。
 
  Paypal クレジットカード決済 ご利用の方へ 

  
 
   

本講座のテーマ/カリキュラム(概要)

    
        
『レッスン・スペシャリスト』養成講座の目指す目的とは・・・
 
「サービス対価に相応する信頼感を得るため」
「お客様に提供する商品の質を向上させる」こと。これが最大のキーワードとなります。   そのために必要なポイントを2つに絞ってお伝えしております。 
 
その一つが、商品・サービスの伝え方の向上です。 
  
第一が!技術力と言いたいところですが・・・当然必要です。 ただ、今まで皆様の前に講師として立たせていただいて、いい成果が出ている方と あまり出ていない方との比較をすればするほど、そのポイントに行きつきます。
セミナーで技術の訓練をした後に、 「受講者の皆様に、 このコンディショニング! このトレーニング!は、 何のために行っているのか?を、お客様目線と理解力で説明をしてみましょう! バックボーンとなる理論をポイントを絞って適確に説明してみましょう!」と。
これが、なかなかできない!難しい!頭ではわかっていても、言葉で・身振り手振りで表現できない!なんてことが、とても多いのです。
この文章を読んでいただいている皆さん。 ご自分はいかがですか?まずは、ご自分がお客様へご提供する商品(コンディショニング&トレーニング&プログラミング)を、しっかりとお客様目線で説明できる能力を養うことがとても重要だと考えております。
そのため、各3時間の講座ごとに必ずロールプレイングを導入し、その日に習った技術を現場を想定した方法で訓練することを取り入れております。  
 
もう一つが技術力の向上です。
   
特に、運動・トレーニング場面を想定しての方法ですので、コンディショニングは、アクティブエクササイズが主体となります。
まずは、お客様に動いていただくこと!その中で、もっと動きやすくなる・身体に負担のかからないエクササイズ方法・サポート手技テクニック方法などバランスや機能を向上させるアプローチもできるようなコンディショニング方法をお伝えしております。
そこから、アクティブで動きながらでは、なかなか機能が正常にならない問題に関しては、動きのないパッシブで、トレーナーが行って差し上げるコンディショニング方法も習得していただきます。 まさに、運動場面でコンディショニング&トレーニングをいかにお客様とシンクロしながら 満足感を得ていただくかに着目をした、運動指導者のレッスンのスペシャリストを目指したホリスティック(総括的)な内容となっております。
       

各講座 カリキュラムご案内

 
運動不足な中高年者(低体力者)のための運動指導方法
【Gravity Exercise Specialist】
抗重力筋における「立位姿勢弱化障害」を改善する運動スペシャリスト
今や、国民病!!「腰痛」・「膝痛」!!  IT・インフラ整備と、急激に生活/仕事が、便利性が高まっています。
しかし、その反面!!  「運動不足」・「筋力低下(若年化も問題)」による、身体の不調!!が増加しています。※詳しくは、下記をご覧ください。
【本講座の目的】
国民病と言われる「腰痛」・「膝痛」に対して  ・痛みがでる前の不調時に、早期に疾患を予測できる『分析力』を身に付ける!
 ・分析結果より、重力に対し、弱化した筋のバランスを調整する(コンディショニング法)
 ・筋バランス調整後、”全身性の法則”に基づき、抗重力筋の回復運動を行う(トレーニング法)
 ・レッスン後、開始時評価と終了時評価を、説明できる(コミュニケーション能力)
 ・次回予約へ、筋力回復と将来的体力向上計画の提案を行う(ピリオダイゼーション作成法)
【修得のメリット】
抗重力筋のレッスンに必要な専門スキルを身に付けて・・・
  ☑ レッスンに対して、指導技術に自信を持つ!
  ☑ お客様からの信頼を得る!
  ☑ レッスン本数の増加と、レッスン収入拡大を目指します。
  ーーー
  ☑ 指導現場で疑問・質問が発生したら!フォローアップいたします! 
本講座担当の講師によるパーソナル(個別有料)セミナーを受講できます。   
【本講座の背景】    まさに!国民病!!全国で
   2,800万人が「腰痛症」
   1,560万人が「関節症」
 疾患の改善と予防の数は、『人口の 3人に1人の比率となる人数』(厚生労働省2015年国民生活基礎調査)      
腰痛全体の15%は解剖機能学的な原因
85%が原因が特定できない非特異的腰痛
厚生労働省の国民生活基礎調査(2016年)
 自覚症状の上位は腰痛・肩こりの関節痛
 
【本講座カリキュラム概要】
 総括的(包括的)アプローチ『抗重力筋・姿勢保持筋・マストメソッド(法)』
 ~下半身からの伸展エクササイズとストレッチ~  
   足首・膝・股関節を対応する筋コンディショニング&エクササイズを理解し、硬縮しやすい筋肉の
   ストレッチの方法を修得します。  
 第1日目 (Gravity Exercise Specialist 養成講座)
理論 1.骨盤帯の構造と関連筋を理解する
 2.腰痛予防に対する骨格及び筋アンバランスと姿勢  
実技 1.エクササイズに関連する骨盤帯の歪みを理解し、筋ストレッチと関節サポート                
    ❏ サポートテクニックによるコンディショニング法を習得する
   ● 骨盤の前傾・後傾のチェックとコンディショニング
   ● 左右腸骨の歪みのチェックとコンディショニング
   ● 仙腸関節面の歪みのチェックとコンディショニング  
実技 2.骨盤帯・股関節・体幹関連筋のエクササイズ・トレーニング方法を習得する
 ❏ 腰背部に関わる筋バランスとエクササイズ方法 
   ● 多裂筋・最長筋・腸肋筋・胸腰筋膜など
 ❏ 股関節・骨盤に関わる筋バランスとエクササイズ方法
   ● 腸腰筋vs大殿筋
   ● 中殿筋vs内転筋
   ● 腹筋群vs脊柱起立筋
   ● 体幹モビリティ&スタビリティトレーニング
   ● 立位スクワット・デッドリフトトレーニング  
 第2日目 (Gravity Exercise Specialist 養成講座)
理論 1.膝の構造と筋機能を理解する
   ● 屈曲&伸展の動きと構造の機能を理解する
   ● 下肢のねじれの動きと機能を理解する
   ● 大腿四頭筋の機能とエクササイズを理解する
   ● ハムストリングの機能とエクササイズを理解する  
実技 1.膝と股関節&足関節との関係を理解し、動作と結びつける
   ● 股関節と膝と足関節の動きの連鎖エクササイズ
   ● 足関節の機能とエクササイズ
   ● 股関節の機能とエクササイズ  
実技 1.骨盤帯の復習とロールプレイング
 2.膝関節の復習とロールプレイング  
  
     
急増!!「スマホッ首」「パソコン頚腕障害」のための運動指導方法
【IT Care Specialist】
姿勢保持筋における「座位姿勢弱化障害」を改善する運動スペシャリスト
急増する「スマホッ首」・「パソコン頚腕障害」!!  
今や!私たちの生活にかかせないスマートフォン/携帯電話は、国民1人に1台!
しかし、その反面  「スマホッ首」「パソコン頚腕障害」「ドライアイ」などの様々な身体の不調が生じています。  ※詳しくは、下記をご覧ください。
【本講座の目的】
急増する「スマホッ首」・「パソコン頚腕障害」に対して
 ・痛みがでる前の不調時に、早期に疾患を予測できる『分析力』を身に付ける!
 ・分析結果より、重力に対し、弱化した筋のバランスを調整する(コンディショニング法)
 ・筋バランス調整後、”全身性の法則”に基づき、抗重力筋の回復運動を行う(トレーニング法)
 ・レッスン後、開始時評価と終了時評価を、説明できる(コミュニケーション能力)
 ・次回予約へ、筋力回復と将来的体力向上計画の提案を行う(ピリオダイゼーション作成法)
【修得のメリット】
抗重力筋のレッスンに必要な専門スキルを身に付けて・・・
  ☑ レッスンに対して、指導技術に自信を持つ!
  ☑ お客様からの信頼を得る!
  ☑ レッスン本数の増加と、レッスン収入拡大を目指します。
  ーーー
  ☑ 指導現場で疑問・質問が発生したら!フォローアップいたします!
本講座担当の講師によるパーソナル(個別有料)セミナーを受講できます。  
【本講座の背景】
今!日本人の8割がスマホ首!? 「スマホ首(ストレートネック)」という言葉をご存知ですか?
日本人の8割が発症している新!国民病として話題になっています! 
「スマホ首」というのは・・・  頸椎のゆるやかなカーブが失われてしまった状態のことを指します。
ゆるやかなカーブが失われると、クッション機能が失われて頭の重みが、頸椎に直にかかってしまいます。
頭の重さは、体重の約10%の重さです。60kgの人だったら6kgとなり、首を支えています。) 
頸椎の関節には、多くの神経が通っていて、それが頭の重みで圧迫されると肩こりだけでなく、頭痛やめまい、  手や腕のしびれ、自律神経失調症などの症状が現れてきます。ほぼ一日中、スマホや、パソコンを使っているという方は、要注意が必要です。  
日本人は『1日の大半(6.7時間)を座って過ごす』 慢性化すると、身体に悪影響を及ぼしている日本の中で最も長く座っている職種は? 最も長い時間働いている職種を発表 (コクヨ株)
 
【本講座カリキュラム概要】
総括的(包括的)アプローチ『円背・猫背改善・マストメソッド(法)』 
~円背・猫背改善のためのコンディショニング&トレーニングエクササイズ~
特に、スマホッ首・パソコン業務による頸肩腕症候群など、頭部突出姿勢に着目し、そのコンディショニングエクササイズ(体調調整エクササイズ)から、背中伸展の  エクササイズをトータル的に修得します。  
 第1日目 (IT Care Specialist 養成講座)
理論 1.スマホ首・パソコン頚腕障害の構造と機能を理解する  
実技 1.頚椎骨の歪みとサポートエクササイズ
 2.チンインエクササイズ&チンアウトエクササイズの方法  
実技 3.頸椎・胸椎・肩甲骨の連鎖エクササイズの習得
   ● 胸椎の動きと機能の理解
   ● 肩甲骨の動きと機能の理解    
 第2日目 (IT Care Specialist 養成講座)
実技 1.脊柱機能の理解と動きの習得
   ● 脊柱6つのエクササイズ法の習得  
実技 2.胸郭と肩・肩甲帯の機能と動きの習得
   ● 胸郭・鎖骨・腱骨に関わる関節のモビリティ&スタビリティエクササイズ  
実技 3.総合復習とロールプレイング  
 
    
スポーツトレーナーの必須技術『動作分析力』
【Movement Conditioning Specialist】
「スポーツ動作」の分析できる 『目と手』を養う!
運動指導者の皆様!トレーニングしてますか?
昨今は、健康・美容志向で『筋トレ』や『ランニング』などなど一般ユーザーの参加率が高まっています。
【本講座の目的】 
水泳やりたい!ゴルフ!ラグビー!サッカー!野球!などなど
様々な競技に感動して、ご自分の運動のきっかけづくりになることでしょう!
【さて、運動指導者の皆さんへ】
 ・スポーツ動作を分析して、選手の弱点やスポーツ障害の予測ができますでしょうか?
 ・特に、選手のトリックモーション(代償動作)を見極める
 ・トリックモーション=スポーツ障害や、競技パフォーマンス低下が予測できます。
 ・動作を見極め(分析)、適切なコンディショニングトレーニングの実施ができる。
 ・動きやすい身体に整えた後、”全身性の法則”に基づき、基礎体力を向上
  (ストラクチャリングトレーニング法)
 ・基礎体力の向上+プラス!競技特性に沿った、機能性の向上
  (ファンクショナルトレーニング法)
 ・レッスン後、開始時評価と終了時評価を、説明できる(コミュニケーション能力)
 ・次回予約へ、スポーツパフォーマンス向上計画の提案を行う(ピリオダイゼーション作成法)  
【修得のメリット】
パフォーマンスアップのレッスンに必要な専門スキルを身に付けて・・・
  ☑ レッスンに対して、指導技術に自信を持つ!
  ☑ お客様からの信頼を得る!
  ☑ レッスン本数の増加と、レッスン収入拡大を目指します。
  ーーー
  ☑ 指導現場で疑問・質問が発生したら!フォローアップいたします! 
本講座担当の講師によるパーソナル(個別有料)セミナーを受講できます。
【本講座カリキュラム概要】
巷で言う『パーソナルトレーナー』ですが・・・
トレーナーの原点は『スポーツ選手の競技パフォーマンスを高める・ケアする仕事です。』
トップアスリートからスポーツ愛好家と、体力レベル・強度は違えども、スポーツ動作の基本は変わりません。  スポーツ動作の基本より、パフォーマンスアップにつながる運動処方と指導方法を修得します。  
 第1日目 (Movement Conditioning Specialist 養成講座)
理論 1.スポーツ・運動動作の基本連鎖パターンを理解する
 2.身体各部位別機能の考え方を理解する
  ❏ 動きが必要な部位(モビリティ)と安定性が必要な部位(スタビリティ)
 3.上半身・体幹・下半身の対角らせん理論を理解する  
実技 1.スタビリティ&モビリティエクササイズで動きを良くする
 2.肩甲帯・体幹・股関節ローテーションエクササイズ  
実技 1.立位重心位置・重心移動でのエクササイズ・トレーニング方法を導入する 
  ●立位重心位置とは
  ●身体の伸展エクササイズと床反力・重心移動トレーニング 
  ●筋反応を使うムーブメントエクササイズと重心移動を使うエクササイズ法  
 第2日目 (Movement Conditioning Specialist 養成講座)
理論 1.運動動作のストレングスカーブを理解する
  ❏ 動きの中での関節角度での負荷が変化する  
実技 1.下肢・体幹・肩甲帯のトレーニング方法を理解する  
実技 1.総合復習とロールプレイング
  ●直線トレーニングとねじりトレーニングの組み合わせ
  ●関節角度の変化によるトレーニング法  
  
                   

 本講座 担当講師プロフィール

    

岩間 徹 NPO)日本ホリスティックコンディショニング協会 副理事長

 株式会社プロジェクト・オン 代表取締役
 NPO法人日本Gボール協会 理事  
≪講師指導歴30年≫ 

 NPO法人日本健康運動指導士会 「ウォーキングコンディショニング」講習会 専任講師
 大手フィットネスクラブ「パーソナルトレーナー養成事業」専任講師
  
❏ 東急スポーツオアシス ❏ OGスポーツ コスパ ❏ セントラルスポーツ  他数
 社会体育専門学校 非常勤講師(1988-2006)  
   

≪トレーナー指導歴35年≫ 
 THE FITNESS 芝 パーソナルトレーナー

 元)全日本男子バレーボールチーム チームトレーナー(1996年~2000年)
 元)ユニチカ女子 ・PFU女子 ・日立女子バレーボールチーム チームトレーナー 他
 元)劇団四季コンディショニングトレーナー(2001-2005)
 元)国立スポーツ科学センター(通称JISS) 指導員
  
▲PageTop