【運動学】 土黒先生の謎解き運動学!「新シリーズ」

「機能解剖に基づく指導法を極めるシリーズ」
実例!パーソナルトレーニング現場で用いる「ウエイトトレーニング」
代表的な基礎指導法と評価と修正ポイントを習得する!

 
 
 
 8月からの「機能解剖に基づく指導法を極めるシリーズ」

 実例!パーソナルトレーニング現場で用いる「ウエイトトレーニング」を「極める」シリーズ!
 クライアントさんに満足される真の指導法を極める!観察ポイント、その評価と改善アプローチを習得する!
 
 パーソナル指導のメインである筋力トレーニング!誰もが指導しているスクワット、デッドリフト、ベンチプレス、ラットプルダウンなど、本当にそれは「正しいフォーム」ですか?「正しいフォーム」とはトレーニングの目的である「ケガの予防」および「ターゲットとする筋肉へ効果的に刺激を与えること」を達成できていることです。
そのためには主観的な指導ではなく機能解剖、運動学、バイオメカニクスなどを考慮した客観的な指導が「ケガをさせない」真の正しいフォームでの指導です!
 
特にロコモティブシンドローム予防のために中高齢者に対して日常生活習慣をQOLへと向上させる必須トレーニングであるビッグ3プラスαの種目について、それぞれ4回に分けて詳細に解説および実践していていきます。ケガをさせない真の指導法を極めてください!
 
 ① トレーニング種目の「機能解剖」「運動学」「バイオメカニクス」を極める
 
 ② トレーニング実践」を極める;観察ポイントおよび評価
 
 ③ トレーニング実践に対してのコレクティブアプローチおよびバリエーションを極める
 
 ④ まとめ;指導実践を極める
  

 Guidance(概要)

開催概要
   
毎週月曜日レベル
初級~基礎~中級
配信モード
対面講習
Archive配信
あり
講座数
1シリーズ4講座
開催時間
9:30~12:30
講習時間
1講座3時間
単位取得
1講座3.0単位
1カリキュラム
全4講座一括受講
40,000円
キャンペーン
終了しました。
受講形態
講義および実技
受講対象
一般受講可能
   ※表示価格は税込み価格です。 
 
Expert Adviser(講師)

土黒 秀則 hidenori hijikuro   NPO)日本ホリスティックコンディショニング協会 理事

・ストレングス&トレーニングコーチ
・鍼灸師(国家資格)・あん摩マッサージ指圧師 (国家資格)
<現職>
・早稲田大学スポーツ科学部非常勤講師 ・東京スポーツレクリエーション専門学校非常勤講師
・JAFT主催シューフィッター養成講座講師 ・ゴールドジムアカデミー講師
<現在トレーニング指導している選手>
・早稲田大学競泳選手
<経歴> ・実業団女子バスケット部専属S&Cコーチ ・国立スポーツ科学センター「トレーニング指導員」
<指導実績>
・ロンドンオリンピック<競泳>銀・銅メダリスト   松田丈志トレーニングスタッフ
・セパタクロー女子日本代表選手
・05’世界水泳シンクロトレーニングコーチ など
 
 

 受講お申込み(下記の手順でお申込みください)

        

 1   下記のフォームより受講お申込みください。
    ※お申込み期限以降の、お申込み・ご入金はアーカイブ視聴のご案内になる場合がございます。

   
          

 2   自動返信メールにて、お支払い方法をご案内いたします。

 
◆銀行振込をご希望の方
 三井住友銀行 渋谷支店 普通預金 口座番号 8444613
 口座名義:特定非営利活動法人 日本ホリスティックコンディショニング協会
 ゆうちょ銀行 口座記号 / 10120 口座番号 / 84117291 店舗番号 / 018
 口座名義:特定非営利活動法人 日本ホリスティックコンディショニング協会
お支払い金額を確認の上、お振込み下さい。
 
◆クレジットカードをご希望の方
メールでお送りしますので決済用URLより、受講料金をお支払(決済)いください。
 

 3   入金およびクレジット決済確認後、事務局より受講票をお送りいたします。

 
 

 本講座 詳細ご案内

       
 スケジュールとカリキュラム(概要)
  
  2022年 8~9月 運動学:「デッドリフト」全4回開催

実例!パーソナルトレーニング現場で用いる「ウエイトトレーニング」を「極める」シリーズ!クライアントさんに満足される真の指導法を極める!観察ポイント、その評価と改善アプローチを習得する!
テーマ;「デッドリフト」
●腰痛予防および荷物を持ち上げる!などのリフティング動作の「デッドリフト」を理解し実践できる!

   
開催日程
カリキュラム(内容)
8月8日(月)

①デッドリフトの「機能解剖」「運動学」「バイオメカニクス」
<間違ったやり方の例>
・オルタネイテッドグリップで行ってはいけない、その理由。
・脊柱起立筋は主働筋ではない理由。
・背中をトレーニングする種目として最適なわけ

8月22日(月)

②デッドリフトの実践;運動連鎖と重心位置、エラー動作を観察および評価し改善する
※広背筋−腰背筋膜−大殿筋の筋・筋膜連結(ファンクショナルライン)で行うやり方の紹介
<間違ったやり方の例>
・重心を後方に移動させる最も多いエラー動作
・腰部を反らせて行うエラー動作

8月29日(月)

③デッドリフトのためのコレクティブアプローチおよびバリエーション
・スティッフレッグドデッドリフト
・シングルデッドリフトなど

9月5日(月)

 ④デッドリフトの指導ロールプレイング
・実践・キューイング→観察および触診による評価分析→改善エクササイズ
 →実践・キューイング→再評価

 
  
  2022年 9~10月 運動学:「ベンチプレス」全4回開催

実例!パーソナルトレーニング現場で用いる「ウエイトトレーニング」を「極める」シリーズ!クライアントさんに満足される真の指導法を極める!観察ポイント、その評価と改善アプローチを習得する!
テーマ;「ベンチプレス」

●肩の障害のリスクなしに行えていますか?肩の障害の重症度No.1のベンチプレスを正しく理解し実践する!

 
開催日程
カリキュラム(内容)
9月12日(月)

①ベンチプレスの「機能解剖」「運動学」「バイオメカニクス」
<間違ったやり方の例>
・胸に当たるまで下ろしてはいけない理由
・クライアントの頭のところに位置して補助をしてはいけない理由
・ほとんどの指導が肩の障害のリスクである理由

9月26日(月)

②ベンチプレスの実践;5ポイントコンタクト+グリップを観察および評価し改善する
・バーベルが傾くのは筋肉のインバランスではない理由
・腰を反らせてはいけない理由

10月3日(月)

③ベンチプレスのためのコレクティブアプローチおよびバリエーション
・5ポイントコンタクトへのコレクティブアプローチ
・必ず緩めなくてはいけない筋肉=小胸筋へのアプローチ
・即時的に挙上重量を上げるアプローチ

10月17日(月)

④ベンチプレスの指導ロールプレイング
・実践・キューイング→観察および触診による評価分析→改善エクササイズ
 →実践・キューイング→再評価

  
 
 2022年 10~11月 運動学「スクワット」全4回開催

実例!パーソナルトレーニング現場で用いる「ウエイトトレーニング」を「極める」シリーズ!クライアントさんに満足される真の指導法を極める!観察ポイント、その評価と改善アプローチを習得する!
テーマ;「スクワット」
●足腰を鍛えるだけではない、ほとんどのパーソナルトレーナーが間違ったスクワットを実践している!
そのスクワットはケガのリスクがなく指導できていますか? スクワットの本質を理解し実践できる!

 
開催日程
カリキュラム(内容)
10月24日(月)

①スクワットの「機能解剖」「運動学」「バイオメカニクス」
・スクワットをただ足腰を鍛える種目ではないその理由
・両側性のスクワットが成り立たないその理由
・スクワットでは美尻にならないその理由

10月31日(月) ②スクワットの実践:重心線をセンターに置き両側性のスクワットを可能にする実践法
・いきなりスクワットを行なってはならないその理由
・プレエクササイズが必須なその理由
11月7日(月) ③スクワットのためのコレクティブアプローチおよびバリエーション
・下肢の左右差は必須!そのコレクティブアプローチの実際
・足部のコンディショニングアプローチが必須
11月14日(月) ④スクワットの指導ロールプレイング
・実践・キューイング→観察および触診による評価分析→改善エクササイズ
 →実践・キューイング→再評価
  
  ※講師および会場の都合上、日程カリキュラムを変更する場合がございます。予めご理解ご了承ください。
    
 2022年 12~1月 運動学「背中のトレーニング」全4回開催

実例!パーソナルトレーニング現場で用いる「ウエイトトレーニング」を「極める」シリーズ!クライアントさんに満足される真の指導法を極める!観察ポイント、その評価と改善アプローチを習得する!
テーマ;「背中のトレーニング」
●そのシーテッドロウ、ラットプルダウンは本当に広背筋に効いていますか? ベントオーバーロウはオススメ できないその理由は? やるならワンハンドダンベルロウのその理由は?本当に効果的な広背筋の正しいトレーニングを理解し実践できる!

 
開催日程カリキュラム(内容)

12月19日(月)

①広背筋の「機能解剖」「運動学」「バイオメカニクス」
・ベントオーバーロウを行わないほうが良いその理由
・「肩甲骨を寄せて」と言うキューイングを行なってはいけないその理由
・ほとんどトレーナーが広背筋に利かせなれないその理由

1月9日(月)

②広背筋のトレーニングの実践:姿勢改善およびボディメイクに正に効果的な広背筋のトレーニングの実践
・バックプルダウンを絶対に行なってはいけないその理由
・ラットプルダウンマシンよりもケーブルマシンを使った方が良いその理由

1月16日(月)

③広背筋トレーニングのためのコレクティブアプローチおよびバリエーション
・必ず緩めなくてはいけない筋肉=小胸筋へのアプローチ
・両側性を可能にするコレクティブアプローチ

1月23日(月)

④広背筋トレーニングの指導ロールプレイング
・実践・キューイング→観察および触診による評価分析→改善エクササイズ
 →実践・キューイング→再評価

  
  
 
 開催および配信方法について 
   
  受講および配信方法について
 リアル受講 月曜日 9:30~12:30(3時間)
 アーカイブ受講 アーカイブ視聴は、セミナー実施終了後、編集作業(約1週間前後)後の
 配信・視聴となります。
 尚、
アーカイブ申込みの方は、視聴先アドレスとパスワードをメールにてお送りします。
  
  対面受講開催会場のご案内
       
 
 会場)日本ホリスティックコンディショニング協会(東京本校)
 住所)〒105-0014 東京都港区芝三丁目 20番地 5号 芝I・Yビル3階
 電話)03-6435-1985  FAX)03-6435-1601  E-mail) info@j-holistic.org  
 最寄り駅)  ❏ 都営三田線「芝公園」下車・A2出口より徒歩5分  
        ❏ 都営三田線・浅草線「三田駅」下車・A8出口より徒歩10分
        ❏ 都営大江戸線「赤羽橋駅」下車・赤羽橋出口より徒歩10分
        ❏ JR東日本「田町駅」下車・西口(三田口)より徒歩10分

 
 受講対象 
 
 ・健康・スポーツ・美容等、カラダの仕組みにご興味ある方
 ・運動指導歴1年以上の方
 ・フィットネストレーナー、ヨガインストラクター・ピラティスインストラクターの方
 ・チームスポーツ、競技スポーツなどの監督、コーチなど、トレーニング指導を行っている方
 ・美容サービスの従事されている方
 ・お客様の運動しゃ動作改善の要望に応えたいと考えている方
 ・レッスンやメニューバリエーションを増やしたいと考えている方
 ・現在のレッスンプログラムのスキルを確認したい方 など
 
 
▲PageTop