間違えたくない!知って得するダイエット方法(第6章)

はやしえいじの【栄養五輪ノ書】日頃感じている不調や悩み・・・
不調の原因は偏った食生活!?(お悩み解決編)
(東京対面受講・オンラインライブ受講・アーカイブ受講)

   
   

 ■ 本講座の主旨(社会的背景)

 

 女性たちの日々の悩み事&不調ランキング(20〜60代)

  20〜60代の女性1,000人に「日頃、感じている不調」を聞いたところ、女性全体で次の結果となった。
   トップ3は「疲れやすい」「冷え性」「肩痛・腰痛」
 
  1位:疲れやすい(45.6%)
  2位:冷え性(40.2%)
  3位:肩痛・腰痛(38.8%)
  4位:寝つきが悪い・眠りが浅い(32.9%)
  5位:便秘(30.5%)
  6位:頭痛(29.1%)
  7位:イライライしやすい(27.6%)
  8位:ストレス過多(26.5%)
  9位:気分の浮き沈みが激しい(21.8%)
  10位:月経トラブル(19.4%)
 
  20〜60代の女性1,000人に「どのようなことで悩みを抱えているか?」と聞いたところ、女性全体で次の結果となった。
   トップ3は「健康状態」「家計」「仕事」。

【引用資料】養命酒より 

 世界からみた日本人女性について「ジェンダーギャップ 指数2021」・先進国の中で最低レベル!

近年、出産・育児休暇の取得率向上や生理休暇の導入、フェムテックへの注力など、女性の社会進出の重要性を伝えるニュースを日常的に見るようになりました。
世界的に見ても、国連が2006年に提唱した「ESG」や2015年に採択した「SDGs(持続可能な開発目標)」にあるように、女性の社会進出は重要であると位置づけられています。
ESGには「Environment(環境)」「Social(社会)」「Governance(ガバナンス)」の3つの観点がありますが、女性の社会進出が深く関わっているのが「S」にあたる社会を意識した経営。男女で平等な採用形態や待遇、産休・育休の充実などが求められています。
 
世界経済フォーラム(World Economic Forum:WEF)が2021年3月、「The Global Gender Gap Report 2021」を公表し、各国における男女格差を測るジェンダーギャップ指数(Gender Gap Index:GGI)を発表しました。
この指数は、「経済」「政治」「教育」「健康」の4つの分野のデータから作成され、0が完全不平等、1が完全平等を示しています。2021年の日本の総合スコアは0.656、順位は156か国中120位(前回は153か国中121位)でした。前回と比べて、スコア、順位ともに、ほぼ横ばいとなっており、先進国の中で最低レベル、アジア諸国の中で韓国や中国、ASEAN諸国より低い結果となりました。
 

以上の社内的背景の中で、女性の抱える健康問題を解決するテクノロジー「フェムテック」は、今後ますます社会基盤に浸透していくと確信しております。
本講座は、「フェムテック」の推進する上での、女性の抱える健康問題をテーマに、社会的な基礎知識の普及に努めてまいります。

   
 
このような方にオススメします!
食生活を間違えたくない方!
 自分や家族の為に健康的な食生活にしたいと考えている方
 流行りのダイエット(一過性ダイエット)を繰り返している方
 ダイエット情報は!ネット広告やSNSを信じている方
 
 
受講してみてください!(メリット)
今行っている方法が正しいか?判断できます!
 どなたでも!ダイエットにご興味ある方はご参加ください! 
 1講座 90分 (受講日より30日間再視聴ができます。)
 自分の食事、睡眠、運動に関する情報が整理ができます。
 今過ごしている「日常生活習慣」を見直すチャンスです!
 自己流もけっこうですが・・・専門家の話を聞けます。
 もっと安全で効果的な健康や美容ケア方法が見つかります。
   
 

 ■ 本講座 プログラム概要

  
  テーマ・カリキュラム概要

 間違えたくない!知って得するダイエット方法(第6章)
 はやしえいじの【栄養五輪ノ書】日頃感じている不調や悩み・・・
 不調の原因は偏った食生活!?(お悩み解決編)(東京対面受講・オンラインLive受講・アーカイブ受講)
  

 受講対象について

  初めての方、指導経験が無い方でも参加できます。
  40歳~50歳世代の女性クライアントをお持ちの男性トレーナー
  自分自身に起こる前に予防や軽減したい方
  20歳代トレーナーの皆様
  

 開催スケジュール
 
開催日講座名・テーマ
9月27日(火) ●「便秘と食べ物」
 腸内環境を良くするために、日々栄養サプリメントを飲んでます!
10月11日(火) ●「酵素の使い方」
 最近流行りの【酵素】さて?酵素ってほんとうに効果あるの?
10月25日(火)
 ●「酸欠!肩こり」
 筋・
骨格からのみた「肩こり」ではありません!血液のお話しです!
11月8日(火) ●「疲れがとらない!」食べ物で疲労回復できるの?
 疲れた!疲れたといって、エナジードリンクでいいの?
11月22日(火) ●「シミ・しわの原因・糖化!」
 アンチエイジングの代表「糖化」のメカニズムと予防方法は?  
     講習時間:10:00~11:30(90分)

 進行カリキュラム
 
テーマカリキュラム概要

女性の3割以上は日常的に「便秘」に悩んでいます。
便秘については、全体の26.0%の方が、女性では3割以上の方が日常的に便秘ということが分かりました。性年代別で見ると40代女性は41%、30代女性は39%、20代・50代女性は36%と、20代から50代の女性の約4割が日常的な便秘で悩んでいます。

最近流行りの「酵素」について取り上げてみました。「酵素ドリンク」のイメージってどうでしょうか?酵素は生命の活動の重要な要素になっており、それゆえ植物や動物などの多くの生物が酵素を持っているわけです。そこから、「酵素を摂取すれば健康になる」とか、「アンチエイジング効果がある」という話が広まってきているようです。
酵素を口からとっても“無意味”って本当? 残念ながら食品から摂る酵素に、健康効果は期待できません。

知らない間に呼吸が浅くなり、酸素が不足しさまざまな悪影響を及ぼします。
昨今のコロナ禍の中、【マスク生活が続くことで知らぬ間に酸欠になっている人が増えています。
マスクをしている時になぜ?「酸欠」になりやすいのか?
マスクの中で口呼吸をする人が増加。マスクをしていると息苦しいため酸素を多く吸おうと知らずしらずのうちに口呼吸になりがちですというのが理由です。

女性を対象とした調査では、何か調子が悪いと感じた女性の6~7割が疲れやすい、からだがすぐにだるくなると答えています。動悸がする、頭痛がある、夜眠れない、気が沈むなど(いずれも3~4割)の症状よりも高い頻度で女性は疲れやすさを感じています。
1日、仕事や家事をするだけでも疲れやすい。休んでもなかなか疲れがとれない…。そんな悩みを持つ方もいると思います。疲れやすさや疲れがとれない原因には、加齢や運動不足による体力不足といった原因が考えられますが、実は何気ない生活習慣に疲れやすい原因が隠れている可能性があります。

加齢とともに気になる!「シミ・しわ、たるみ」お肌悩みの原因には、紫外線や乾燥、生活習慣などさまざまなものが考えられます。なかでも、その一つに「糖化」があります。
糖化とは、食事などで体内に摂取した糖が、タンパク質と結合して細胞にダメージを与えて老化を促進させてしまう現象で、まさに美容の大敵です。
肌トラブルを予防・改善するためには、日々のスキンケアだけではなく、この糖化を予防する糖化ケアが重要になります。

  

 担当講師 プロフィール

林 栄次 eiji hayashi
NPO)日本ホリスティックコンディショニング協会 事務局長/管理栄養士

株式会社プロジェクト・オン 取締役
<経歴>
元)大手食品会社 総合研究所 (スポーツ栄養研究員)
元)IT・データベース開発企業 (システムエンジニア)
元)フィットネスクラブ・スタッフ
<指導歴30年>
・オリンピックアスリート向け「食事栄養調査指導」
(日本、アメリカ、イギリス、オーストラリア)
・チームスポーツ向け  「ウェイトコントロール指導」
(野球、サッカー、バレー、ヨット、ラグビー、ゴルフ、柔道、レスリング 等)
・フィットネスクラブにて 「ダイエットレッスン・メディカルフィットネス運動指導」
・芸能・劇団向け「栄養コンディショニングカウンセリング指導」
(劇団四季、バレーダンサー、タレントなど)





 受講定員について

  受講対象者
  ・ダイエット・健康や美容分野にご興味ある方であれば、どなたでも参加できます。
  
  受講募集定員
  ・対面受講(東京):各20名(受講定員になり次第、募集を終了いたします。)
  ・アーカイブ受講:定員なし(どなたでも受講参加できます。)
  

 資格継続単位取得について
 資格取得者(FC/HC)1講座(90分)1.5単位(受講票、またはライセンスカードをお持ちください)
 ※アーカイブ受講の方は、講座レジュメの最終ページに受講証明書を添付いたします。
  
  JHCA公認資格の認定機関は、登録日より3年間有効となります。
  つきましては、現場指導およびJHCA主催講習会にて3年間で15単位(15時間)を取得してください。
  ※資格有効期限が切れますと、自動的にJHCA公認認定資格を取り消しとさせていただきます。
 
 
 講習会当日の持ち物
 受講票(PDF)、ライセンスカード、筆記用具、
 ・対面受講の方は、当日レジュメをお渡しします。
 ・アーカイブ受講の方は、メールにてレジュメダウンロード用アドレスを送信いたします。
  
 アーカイブ受講の方へ(30日間視聴できます。)
 アーカイブ受講開始前に、JHCA事務局よりEメールにて、アーカイブ(動画)視聴用アドレス、
 使用するレジュメ(ダウンロード用)アドレス、動画視聴用パスワードをお送りいたします。
 ※ アーカイブ視聴開催は、各講座開催後、1週間以内に配信予定です。
 
  
 

 ■ 本講座 会場・お申込み 詳細案内

  
 受講料金・受講お申込み(対面受講およびアーカイブ受講)
 
受講者区分各1講座受講全5講座一括受講
通常受講料金5,500円(税込)25,000円(税込)
     
本講座は会員更新特典はご利用できません。
予めご理解、ご了承ください。
  
 お支払い方法について
 ・ 銀行振込
 ・クレジットカード(一括支払い)
  
 クレジットカード決済について
  当協会は、クレジットカード決済会社  Square  PayPalを採用しております。

 メールアドレスとクレジットカードがあれば誰でも利用することができます。  
 当事務局では、お客様のクレジットカード番号などの個人情報は、一切お預かりすることはございません。
  

 受講キャンセルについて
  JHCA キャンセルポリシー  
 受講お申込みおよび受講料金のご入金後は、受講参加者の都合による受講キャンセルの場合は
 下記の通り、キャンセル料金を頂戴いたします。予めご理解、ご了承ください。   
区分キャンセル料金
受講開始 3か月前までキャンセル料 なし
受講開始 2か月前まで受講料金の  50%
受講開始 1か月前まで受講料金の100%
無連絡 受講 欠席受講料金の100%
  受講中止に関する「キャンセル規定」へ 
 ※お申込み時にキャンセル規定に同意できない方は、受講ご参加をお控えいただけますようお願い申し上げます。
  
 会場案内(交通アクセス)
 会場)R6ーPerformance gym内・日本ホリスティックコンディショニング協会(東京本校)
 住所)〒105-0014 東京都港区芝三丁目 20番地 5号 芝I・Yビル3階
 電話)03-6435-1985  FAX)03-6435-1601  E-mail) info@j-holistic.org 
 
  最寄り駅)
  ■ 都営三田線・浅草線「芝公園駅」下車・A2出口より徒歩5分
  ■ 都営三田線・浅草線「三田駅」下車・A8出口より徒歩10分
  ■ 都営大江戸線「赤羽橋駅」下車・赤羽橋出口より徒歩10分
  ■ JR東日本「田町駅」下車・西口(三田口)より徒歩10分
  
  
▲PageTop